HOME > キャンパスライフ > クラブ・サークル・課外活動 > ボランティア > 札幌大学発 持続的震災募金プロジェクト「リムデイ.11」

札幌大学発 持続的震災募金プロジェクト「リムデイ.11」

札幌大学発 持続的震災募金プロジェクト「リムデイ.11」

担当教員:本田 優子 研究室:7508 担当職員:本庄 勝己 オフィス:入学センター

活動紹介

「リムデイ.11」の「リム」とは「ムリ」の反対、つまり「無理ではない」という意味が込められた造語です。
私達のボランティア活動は、一過性の集中した募金活動ではありません。東日本大震災直後(2011年3月)の気持ちをいつまでも忘れることなく、決して無理をせず、自分たちのできることから確実に募金を継続することを目的とした活動団体です。
「リムデイ.11」では東日本大震災直後から活動をスタートしました。主な活動は月1回のミーティングと各種イベントに参加し募金を直接呼びかけることが中心となります。
東日本大震災から約6年が経過し、テレビ等のメディアで取り上げられることは少なくなりましたが、東北地方にはまだ支援を必要としている方が大勢いらっしゃいます。
この活動に興味・関心をもった方は、私達と一緒に「リムデイ.11」で一緒に活動しましょう!
皆さんのご協力をお待ちしております。
札幌大学発 持続的震災募金プロジェクト「リムデイ.11」
先輩からのひとこと
私は大学1年の秋学期から、この「リムデイ.11」に参加しました。参加当初は一緒に活動する学生が少なく多少苦労しましたが、現在は5人の学生が参加しています。
この「リムデイ.11」は、参加する学生が負担を感じることがないよう、「決して無理せず」が、活動のポリシーとなっています。ボランティア活動に興味を持った皆さんのご参加を心からお待ちしています!