HOME > キャンパスライフ > 学び支援 > 成績評価・GPA制度について

成績評価・GPA制度について

成績評価について

成績評価は、筆記試験、レポートあるいは平常点等の方法によって、春学期末または秋学期末に行います。評価の基準は次のとおりです。

  合格 不合格
評価 AA A B C D E
点数 100〜90 89〜80 79〜70 69〜60 59以下 未受験等

1. C 以上を合格とします。
2. D・E は不合格です。
3. 年度途中で履修放棄の手続きをして許可された授業科目は、成績通知書に H を記入します。
4. 成績確認期間を設けますので、成績の問い合わせはその期間に申し出てください。

※ 2010年度以前は、B=79~65点、C=64~50点で評価しています。

GPA制度について

本学では次の成績評価基準に従い、各評価にGP(Grade Point)を与え、学期ごとのGPA(Grade Point Average)、及び通算のGPA を算出します。GPA とは1単位あたりの評価平均値であり、学修全体の達成度を計る値となります。したがって、この値を高めるよう計画的な履修・修得を心がけなければなりません。


(1) 評価基準

区分 評価 成績評価基準 GP 評価内容
合格 AA 100〜90 4.0 特に優れた成績を示した
A 89〜80 3.0 優れた成績を示した
B 79〜70 2.0 妥当と認められる成績を示した
C 69〜60 1.0 合格と認められる最低限の成績を示した
不合格 D 59以下 0.0 合格と認められるに足りる成績を示さなかった
E 未受験等 0.0 未受験等により、評価できない

※ 2010年度以前は、B=79~65点、C=64~50点で評価しています。


(2) GPA 算出方法

(4.0×AAの修得単位数+3.0×Aの修得単位数+2.0×Bの修得単位数+1.0×Cの修得単位数)÷ 総履修登録単位数(「D」、「E」の単位数を含む)

(注)
1. 通年科目は、秋学期にGPA を算出します。

2. D・E評価であった科目を再履修してC以上の評価を得た場合、C以上の評価をもって通算GPA を算出します。ただし、読替科目(名称が変わった科目)には適用されません。また、過学期のGPA 及びD・E評価取得履歴は変更しません。

3. 複数回履修できる科目(体育実技等)については、D・E評価を含め、全てGPA 算出対象科目となります。

 

再評価について

やむを得ない理由により再評価を希望するものは、「再評価願」に必要事項を記入し、定められた期間内に学生支援オフィスまで提出してください。書式は学生支援オフィスで配布します。

実施については学年暦に明示する、試験のあったセメスターの再評価対応期間とします。

なお、「再評価願」は、当該授業の3分の2以上の出席をアイトスで確認できることが提出条件です。

 

【参考例】

受験できなかった理由 必要とする証明書等
病気に罹った場合 医師の診断書またはそれに類する証明書
忌引の場合(3親等以内の親族) 身元保証人の証明

再評価対応期間等については、学年暦で確認してください。