HOME > 学群・専攻 > 専攻一覧 > 日本語・日本文化

日本語・日本文化専攻

毎日当たり前に使っている「日本語」を見つめ直す。 それは、自分自身を見つめることにつながります
日本語・日本文化専攻の先生は、親身な指導をすることで知られています。深い愛情に裏付けられた教育が成り立つ大きな理由は、この専攻が日本語、文学、そして教育を学ぶ場だから。自分が伝えきれない想いを言葉に託して語るために、私たちは「日本語」を学ぶ。理屈では片付かない気持ちを持て余すのが人間ならば、そのやりきれなさを扱うのが「文学」、そしてそうした日本語の持つ制約も可能性もみんな含めてこれからの未来を生きるこどもたちに何をどう伝えていくかについて考えるのが、サツダイ流「国語教育」―日本語・日本文化専攻には、言葉に尽くせぬ想いについて語る、教師と学生の学び合いの場が開かれています。

オープンキャンパス

  • バスツアーに申し込む
  • オープンキャンパスバスツアーに参加する

学びの特徴

「日本語表現力」を
身に付ける!
相手の気持ちを動かすには、どのように「話す」か。どのような文章を「書く」か。人を説得しうる日本語表現力は、日本語を「学問」として学ぶことで、より確実に身に付きます。
「文学」×「ブンガク」で、新しい自分と出会う!
古典も現代文も、和歌もJ-POPも、小説もマンガもアニメもみな含めて「文学」×「ブンガク」。4年間で幅広いジャンル及び数多くの作品に触れ、物語に隠された深層、時代に翻弄される人間の喜怒哀楽などについて学びます。
「国語教師」×「日本語教師」を目指す!
日本語・日本文化専攻では「国語教員免許」と「日本語教師」資格、二つの教師資格の同時取得が夢ではありません。徹底して「学修者の立場に立った教え方」を追究します。

在学生メッセージ

図書館にある文学全集の読破に挑戦。
札大には好きなことに打ち込める環境がある

榊 裕希Yuki Sakaki
日本語・日本文化専攻3年
駒澤大学附属岩見沢高等学校出身

読書が好きで、学問として文学を学びたいと考え、日本語・日本文化専攻を選びました。文学といえば小説、特に純文学をイメージしがちですが、入学後、マンガやアニメなどサブカルチャーも文学に含まれると知って視野がぐんと広がりました。いま取り組んでいるのは、図書館にある三島由紀夫、谷崎潤一郎、村上春樹などの全集を読破すること。年代順に読んでいくことで作者のテーマや心情の変化が浮かび上がってくるからです。また、泉鏡花や樋口一葉など明治の文体もさらさら読めるようになりたいです。学ぶ環境に束縛がなく、全身全霊で好きなことに打ち込めるのが札大の校風です。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 日本語教員養成課程修了認定
    (本学が発行する、日本語学校等で雇用される条件を満たしていることを証明する修了認定)
  • 学芸員

目指す資格

  • 日本漢字能力検定 準1級
    ※授業の中で対策講座を設け、在学中の検定試験合格を奨励します。

目指す進路

  • 企画・出版・編集にたずさわる職業
  • ホテル・サービスにたずさわる職業

〈教員〉

  • 中学・高校の国語科教師
  • 日本語学校の日本語教員 など

4年間の流れ

 日本語・日本文学・臨床教育学に関する基礎を中心に学び、専攻分野に対する興味・関心を拓きます。日本語運用能力を高める各種検定試験にチャレンジします。
※専攻入門科目から、「日本語学入門」「日本文化入門」「臨床教育学入門」の履修を推奨します。
日本語・
日本文化
専攻科目
 
ゼミ科目 

 各分野の知識及び興味・関心を偏りなく広げ、日本語・日本文化理解においてバランスの取れた学びを目指します。
日本語・
日本文化
専攻科目
日本語概論/日本語表現論/日本文学史/日本文学表現論/
日本文化論/言語論Ⅰ/言語論Ⅱ/
日本語教授法基礎/漢文学/書道/
日本武芸文化論/日本武芸文化演習基礎/日本史
文学と現代社会
ゼミ科目ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ

 各自が培った興味・関心に従い、より専門的な学びを実現します。自ら定めた進路や研究テーマに応じた幅広い科目選択をすることで、計画的に学修を進めます。
日本語・
日本文化
専攻科目
日本語概論/日本語表現論/日本文学史/日本文学表現論/
日本文化論/言語論Ⅰ/言語論Ⅱ/
日本語教授法基礎/漢文学/書道/
日本武芸文化論/日本武芸文化演習基礎/日本史
日本語史/日本語文法論/日本語学特講A/日本語学特講B/
日本文学特講A/日本文学特講B/日本文学特講C/日本文化特講/日本語教授法応用/
日本語教材・教具論/日本武芸文化演習応用/日中比較文学文化論/
日本文学表現史/日本語表現演習A/日本語表現演習B/
日本語古典文法演習/現代日本文学史研究
ゼミ科目ゼミナールⅢ
ゼミナールⅣ

 4年間の集大成として卒業制作に励みます。知識をさらに広げ深めていくために、副専攻の修得を目指した科目選択も奨励します。
日本語・
日本文化
専攻科目
日本語概論/日本語表現論/日本文学史/日本文学表現論/
日本文化論/言語論Ⅰ/言語論Ⅱ/
日本語教授法基礎/漢文学/書道/
日本武芸文化論/日本武芸文化演習基礎/日本史
日本語史/日本語文法論/日本語学特講A/日本語学特講B/
日本文学特講A/日本文学特講B/日本文学特講C/日本文化特講/日本語教授法応用/
日本語教材・教具論/日本武芸文化演習応用/日中比較文学文化論/
日本文学表現史/日本語表現演習A/日本語表現演習B/
日本語古典文法演習/現代日本文学史研究
ゼミ科目ゼミナールⅤ
ゼミナールⅥ

※画像をクリックすると開きます。
※開設科目については変更する場合があります。

主な科目

●日本語表現論
新聞で使用できる漢字の目安として常用漢字表があります。「絆」は常用漢字表外字ですが新聞でよく目にします。そこには表記に関するルールがあるのです。「日本語表現論」では現代日本語の文字・表記について考えます。
●日本文学特講C(近現代文学分野)
夏目漱石、宮沢賢治、大江健三郎、吉本ばなな、村上春樹という、時代も思想も異なる作家が描いた人間像を明らかにした上で、息苦しいこの現代社会の中で、私たちがどうしたらもっと自分らしく生きられるかを問う。
●日本文学特講A(古典分野)
『源氏物語』『枕草子』は、日本人の美意識の代表作ですが、日本の心の美しさを表す流麗な文章の源流には中国からの学びが潜んでいました。漢籍から学んだ教養をどう日本人好みにアレンジしていったのかを解き明かします。
●日本語表現演習A,B
将来出版・編集、教員など他者とかかわる仕事を考えている人に向けて「話す・聞く」「書く」力を総合的に付けるための授業です。一つの雑誌を企画し取材に出て記事を書き、編集作業を経て売り込むまでを体験します。
●日本文化論
「『初恋』ってどうして実らないの?」「『わたし』って誰?」「『大人』になるってどういうこと?」...時に迷い、心躍らせてきた青春期の「難題」について、小説、マンガ、アニメ、J-POPの歌詞などを通して探ります。

時間割例

2年次(春)の主な時間割

3年次(秋)の主な時間割

専門担当教員

渡辺 さゆり
訓点語学/日本語史
田中 幹子
平安文学
荒木 奈美
臨床教育学/日本近現代文学
川上 淳
北方史/日本近世史
時崎 久夫
英語学・言語学(音韻論・統語論)
高瀬 奈津子
中国北朝隋唐史
瀧元 誠樹
スポーツ史/武芸文化論

サツダイの多彩な入試制度

教育目標(カリキュラム・ポリシー:CP)

日本語・日本文化を学際的に学び、多様化する文化形態や現象を読み解いた上で、自ら表現できる能力を身に付け、自己理解・他者理解に長けた柔軟性のある人材の養成を目指します。

到達目標(ディプロマ・ポリシー:DP)
<知識・理解>
日本語の特性や日本語を表現手段とする古典から現代に至る日本文学を理論的に学びながら、多角的視野に基づいて日本文化を理解し表現できる能力を身につけます。
<関心・意欲>
日本語・日本文化の諸問題について関心を持ち、解決に向けて主体的かつ意欲的に取り組む力を身につけます。
<技能・表現>
問題を解決するために自ら情報を収集・分析・比較検討し、導き出された結論を具体的に自己表現できる能力を身につけます。
<態度・志向性>
主体的な学習によって自らの意欲を維持しながら、他者の意見も受け入れ共感できる力を身につけます。

オープンキャンパスの詳細・参加申込はこちら

オープンキャンパスの詳細・参加申込はこちら