HOME > 学群・専攻 > 専攻一覧 > 地域創生

地域創生専攻

グローバルに考え、ローカルに行動できる。地域社会を共創できる、次代のリーダーを育成します
地域創生は、地域社会に暮らす一人ひとりの幸福を探求する夢のある研究領域であり、将来への架け橋となるテーマです。国際都市・札幌の次代のリーダーを育てるとともに、幅広い知識教養を持つゼネラリストの育成を目指しています。求められるのは、自立循環型の地域を創生する新しい構想力、地球規模の視野で考え地域視点で行動するグローカルな姿勢、リーダーとしての責任と確実な実践力。こうした能力を磨くために採用しているのが、仲間とともに企画を立てて実行するまで一連の工程を体験するプロジェクト研究演習型授業です。コミュニケーション能力やマネジメント能力を実践的に高めながら、地域共創精神を持った北海道民を育成します。

オープンキャンパス

  • バスツアーに申し込む
  • オープンキャンパスバスツアーに参加する

学びの特徴

地域主体のまちづくりを
実体験
地域で実践されているまちづくり(自分たちの地域のことは自分たちで考え、決め、行動する)を実体験。次代の国際都市・札幌に貢献できる技能や知識を身に付けます。
地域づくりに貢献できる
人材育成
目指しているのは、地域環境と共生する持続可能な社会。経済と産業、伝統文化と福祉、健康の発展に寄与し、誰もが笑顔で暮らせる地域づくりに貢献できる人材を育成します。
札幌の魅力を世界へ
発信するために
地域創生専攻は、これまでの学問領域の壁を超えた新しい教育と研究の場です。体験的な学びを重ね、グローバルな視点から札幌(ちいき)の魅力を広く発信できる力を養います。

在学生メッセージ

自分の興味のある分野を選んで学べる。
だから、研究発表にも意欲的に取り組めます

工藤 岳斗Gakuto Kudo
2年次:経済学専攻→3年次:地域創生専攻(現在4年次)
北海道標津高等学校出身

高校2年で札大のオープンキャンパスに来たとき、学生が主体になって運営している様子が楽しそうだと感じました。実際、入学してみるとその印象通り。主体的な学生が多く活気があります。カリキュラムも学生が自ら学びたい分野を自由に選べるようになっているのが特長。自分も理論より実践的な地域振興を学びたい気持ちが強くなり、経済学から地域創生へ専攻を変更しました。昨年秋にはゼミの仲間とSCAN(北海道学生研究会)が主催する研究発表会に参加。キャンピングカーを使った観光振興のアイデアを企業の方や研究者の前でプレゼンするなど、意欲的に学んでいます。

目指す資格

  • 北海道フードマイスター検定(札幌商工会議所)
  • 北海道観光マスター検定(北海道商工会議所)
  • ほっかいどう学検定(ほっかいどう学検定推進機構)
  • 札幌シティガイド検定(札幌商工会議所)
  • ニュース時事能力検定(北海道新聞社 他)

目指す進路

  • 公務員
  • 観光関連業
  • 広告業
  • < 非営利団体系 >
    • 公益社団
    • 公益財団
    • NPO
    • 一般社団
    • 一般財団などの各法人職員
  • < コンサルタント系 >
    • タウンマネージャー
    • タウンプロデューサー
    • 地域プランナー

4年間の流れ

 札幌大学が掲げる地域共創の基礎知識を学ぶとともに、札幌のオピニオンリーダーの話も含め、日本・国際経済の基礎を身に付けます。
地域創生
専攻科目
資料・データ分析/日本経済基礎論/国際経済基礎論
ゼミ科目 

 8つの札幌学を中心に学び、子どもサポート論やNPO運営実習など地域創生専攻の特徴を表す4つの科目も履修できます。
地域創生
専攻科目
会計・財務分析/マクロ経済学/ミクロ経済学/地方自治論/福祉と経済/
グローバル化と経済/人口減少と経済/流通・サービスと経済/札幌学A(経済・経営)/
札幌学B(自治)/札幌学C(芸術文化)/札幌学D(食文化)/札幌学E(国際交流)/
札幌学F(観光)/札幌学G(医療福祉)/札幌学H(スポーツ)/
札幌フィールドワークA(まちづくり)/札幌フィールドワークB(イベント)/
札幌フィールドワークC(文化施設)/指導者論/野外教育論/特別支援教育総論/
生涯教育論/子どもサポート論A(発達心理)/子どもサポート論B(児童福祉)/
子どもサポート論C(子育て支援)/子どもサポート論D(コミュニティ)/
子育て支援ボランティア実習A(英語読み聞かせ)/
子育て支援ボランティア実習B(子育て支援)/NPO運営実習A/NPO運営実習B
ゼミ科目ゼミナールⅠ
ゼミナールⅡ

 魅力ある札幌を考えるための地域経済学、国際協力論、国際観光論などを学ぶとともに、地域創生演習などにより実践的な力を養います。
地域創生
専攻科目
地域経済学/北海道経済論/社会保障論/公共政策論/国際協力論/国際地域経済研究A(アメリカ)/国際地域経済研究B(アジア)/ 多文化共生社会論A(自治体国際化論)/多文化共生社会論B(コミュニケーション)/国際観光論/国際観光ビジネス論/ 地域創生実習(国際交流)/地域創生演習A(市民自治)/地域創生演習B(イベント)/地域創生演習C(商業)
ゼミ科目ゼミナールⅢ
ゼミナールⅣ

 幅広い知識教養を持つゼネラリストとして、国際都市・札幌の次代のリーダーになるための素養を身に付けます。
地域創生
専攻科目
地域経済学/北海道経済論/社会保障論/公共政策論/国際協力論/国際地域経済研究A(アメリカ)/国際地域経済研究B(アジア)/
多文化共生社会論A(自治体国際化論)/多文化共生社会論B(コミュニケーション)/国際観光論/国際観光ビジネス論/ 地域創生実習(国際交流)/地域創生演習A(市民自治)/地域創生演習B(イベント)/地域創生演習C(商業)
ゼミ科目ゼミナールⅤ
ゼミナールⅥ

※画像をクリックすると開きます。
※開設科目については変更する場合があります。

主な科目

●地域創生入門
前半は地域共創の基礎知識を学び、後半は共創実践の方法を身に付けるため、本学学長をはじめ、札幌市などの現職の行政担当者、オピニオンリーダーの話を聞く機会を設けます。
●札幌学A(経済・経営)
経済統計を利用して、産業構造や人口構造が札幌の経済に与える影響を考察。道内の市町村との共通点や、道外の都市との相違点を比較分析しながら、札幌の将来を考えます。
●会計・財務分析
地域創生には活力ある地域企業の存在が欠かせません。地域に生きる企業が抱える課題とは何か、どう対処するべきか。財務内容の分析を通じて課題解決をケーススタディします。
●札幌学C(芸術文化)
札幌の芸術文化について、①都市と芸術、②札幌の絵画、③札幌の彫刻、④札幌の音楽という観点から考察します。
●札幌学入門
札幌学の8分野(A経済・経営、B自治、C芸術文化、D食文化、E国際交流、F観光、G医療福祉、Hスポーツ)で、札幌という大都市をどのように表現していくのか概観します。
●札幌学H(スポーツ)
スポーツの分野から札幌という「まち」はどんな特徴があるのかを考え、国内主要都市と比較。スポーツがまちづくりや都市計画にどのような影響を与えられるのかを学びます。

時間割例

1年次(春)の主な時間割

1年次(秋)の主な時間割

専門担当教員

本間 雅美
〈研究教育活動〉世界経済と国際金融/国際協力論
武者 加苗
〈研究教育活動〉地域経済学/地方財政論/北海道学生研究会(SCAN)
平井 貴幸
〈研究教育活動〉観光経済学/開発経済学
小山 茂
〈研究教育活動〉まちづくりと物流・交通計画/暮らしと鉄道貨物輸送を考える会/北海道国際輸送プラットホーム推進委員会(HOP)

〈札幌学を担当する専任教員〉

武者 加苗
札幌学A(経済・経営)
浅野 一弘
札幌学B(自治)
松友 知香子
札幌学C(芸術文化)
瀧元 誠樹
札幌学H(スポーツ)

サツダイの多彩な入試制度

教育目標(カリキュラム・ポリシー:CP)

地域創生専攻は、これまでの学問領域や従来の学部の壁を超えた地域創生学を核とする新しい学問領域です。
地域創生専攻は、グローバルな視点から新しい地域人を育て、地域環境と共生する持続可能な社会を築き、経済と産業、伝統文化と福祉、健康の発展に寄与し、すべての人の尊厳と人権が保障され、誰もが生き生きと安心して暮らせる地域づくりに貢献します。

到達目標(ディプロマ・ポリシー:DP)
<知識・理解>
人間の生活基盤となる地域とその諸問題を理解するための専門的知識と豊かな教養を身につけます。
<関心・意欲>
地域に固有な諸問題を自ら探求し解決する強い意志を示しつつ、よりよい新しい地域の創生に貢献する意欲を持ちます。
<技能・表現>
他者の声にすなおに耳を傾け、自分の意見をわかりやすく伝達するコミュニケーション能力とコーディネーション能力を身につけます。地域課題の解決に必要な調査や分析の方法を修得します。
<態度・志向性>
地域で暮らすすべての人に共感と尊敬を持って連携し、地域社会とともに「協同・協働」することにより「共学・協学」の場に加わることができます。

オープンキャンパスの詳細・参加申込はこちら

オープンキャンパスの詳細・参加申込はこちら