HOME > キャリア・就職支援 > 就職を目指す学生へ > 札幌大学のキャリア形成教育

札幌大学のキャリア形成教育

4年間のキャリア形成教育

進むべき針路はどこか。1年次から卒業後の人生を見据えたキャリア形成教育で、
将来のビジョンを明確に描けるようにサポートします

 

札幌大学では、正課・課外を通じて大学時代にさまざまな「知」に触れ、多様な「人」と出会い、新しい世界観や価値観を知るなかで自らの思考を熟成させていくことが、将来のビジョンを実現するために重要だと考えています。そのため、将来のキャリアについて1年次から考えることができるように、多様な学びと実践的体験を組み合わせ、人間性と就業力を磨いていける成長の機会を提供しています。

 

キャリア形成教育 もちアッププログラム キャリアデザインプログラム

 

 

キャリア形成支援の流れ
1年次 2年次 3年次 4年次 自分が望む将来へと主体的に行動し、社会で道を切り拓いていく活力をもった人材へ
1年次 2年次 3年次 4年次 自分が望む将来へと主体的に行動し、社会で道を切り拓いていく活力をもった人材へ

札幌大学のサポート体制

 

就職講座・ガイダンス
就職活動はいつ、何からスタートすればいいのか。就職活動の流れから合同企業説明会の有効活用術までコツとノウハウをレクチャーします。
個人面談
学年問わず、将来についての相談をいつでも受け付けます。進路についての悩みや不安はもちろん、履歴書の書き方、面接の練習などもおまかせください。
内定者報告会
内定を獲得した大学4年生が就職活動を振り返り、成功の秘訣から失敗談までを具体的に後輩たちへ伝える報告会。役立つアドバイスが満載です。
キャリアサポートセンター
パソコンでの求人チェックはもちろん、会社案内や求人票、先輩方の試験情報の閲覧が可能。個人面談形式で進路の相談に応じます。
模擬面接・模擬試験
個別面接はもちろん、集団面接やグループディスカッションでの心構えやポイントを実践的に伝授。SPI模試や時事問題など筆記試験対策も行います。

学習支援センター

もちアッププログラム

自由度が増したぶん求められる「自分ならではのキャリアプラン」

 

2013年度から1学群13専攻の学びに改編された札幌大学では、「主専攻×副専攻」の選択や、2年次から主専攻が選択できる「レイターマッチング」の導入など、キャリアデザインの自由度が格段に向上しています。自由であるぶん、学生自身が「何を学び、どう生きていきたいか」についてしっかりと思い描けるか否かが、大学生活の充実度や卒業後の人生設計に大きく影響するといっても過言ではありません。学生と教職員の双方向コミュニケーションを中心として、学生の自立を促す取組、それが「もちアッププログラム」なのです。

 

もちアッププログラム

 

自分はどうなりたいのか_。"気づき"と"きっかけ"を得る場に
キャリア支援というと"就職のため"というイメージを持ちがちですが、3年生になってからの就職講座・特別セミナーだけでは、個々のパーソナリティーを生かした後押しは難しいといえます。大学時代は、自分のこれからを作るキャリアデザインの第一歩。「自分は何がしたいのか、どうなりたいのか」を知るには、自身がもつ興味・能力・価値観に気づく自己肯定感と、「やればできそうな気がする」という自己効力感を得るきっかけになる経験との出会いが欠かせません。「もちアッププログラム」では、卒業後、社会のなかで自分の存在意義を見いだせるよう、自立(律)と内省を促すプログラムを展開していきます。
大学生活全体が「社会のなかの自分づくり」をサポートする
「もちアッププログラム」は、1年次から卒業まで、学生生活の経過に即した自己理解・他社理解の機会を提示し、一つひとつクリアしていくステップアップ方式で展開。春・秋学期に全学生を対象にした教職員による個人面談や「自分(と相手)を知るプログラムを実施」。1年次と2年次の春までは、大学で学ぶ意味や地域貢献、コミュニケーション能力について、2年次の秋からは就職活動を意識し、就学の意欲の持続と、社会と地域に貢献できる人材になるための基礎力を養成します。人は親から生まれ、他人と共存していく社会的な生き物。失敗と驚きを繰り返しながら、日々出会う新しい経験を糧に成長する。大学生活全体が、そのサポート役になることを目指しています。
個人面談でキャリアプランをサポート
何を学び、どう生きていきたいか。学生一人ひとりが将来像をしっかりと思い描けるかどうかが、大学生活の充実度や卒業後の人生設計に大きく影響します。札大では日本キャリア開発協会認定のCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)を中心に、全学生を対象とする個人面談を学期ごとに実施。2年次の秋からは就職活動を意識した内容で学生の自立を促します。

マンツーマンの個人面談
・大学生活の目標を意識付け。履修計画の実効性を高めるフォロー
・就職も含めた個々の学生のビジョン具現化に向けたサポート