HOME > キャリア・就職支援 > 就職活動を始めるにあたって > 情報収集

情報収集

就職活動では、情報収集は欠かすことができません。あなたの周りには様々な方法で業界・企業・職種に関する情報を収集できる環境が整備されています。代表的なものは、札幌大学のキャリアサポートセンターです。ほかにも新聞やニュースなどいろいろな手段があるので、これらを上手に活用しなければいけません。

キャリアサポートセンター

キャリアサポートセンター

キャリアサポートセンターには求人票、就職情報誌、会社案内など就職に関する情報がたくさんあります。特に求人票と企業情報は、みなさんの就職活動に大いに役立つと思います。また、キャリアサポートセンターのアイトスでは、企業の概要や採用条件、選考方法、先輩の就職活動体験報告、入社試験情報などを閲覧することができます。ぜひアイトスをチェックしてください。
キャリアサポートセンターは、あなたにとってもっとも身近な情報源といえます。困ったことがあれば気軽に質問してください。就職担当者に顔と名前を覚えてもらうことも、実は就職活動では大切なことです。

キャリアサポートセンターの詳細はこちら

新聞

新聞は就職活動に必要な情報の宝庫です。日頃から新聞を読んでいる学生は少ないかもしれません。しかし、新聞を読まない社会人はいません。つまり、新聞を読むということは世間一般の常識なのです。これまで新聞を読んでいなかった人も、就職活動を機に新聞を読む習慣を身につけましょう。とはいえ、いきなり新聞を隅から隅まで読む必要はありません。まずは慣れることから始めましょう。自分にあった読み方を見つけることができれば、自然と新聞を読むことが習慣化されるでしょう。ここでは、コツの一例を紹介します。

見出しとリードをチェック

新聞記事は、重要なことは始めに書かれています。記事全文を読まなくても、見出しとリードから記事の概要をつかむことができます。興味のある記事を見つけた時は、全文を読んでみましょう。

政治・経済面をチェック

テレビ欄やスポーツ面だけを読んでいるのでは意味がありません。一面から三面には政治・経済に関する記事が掲載されています。政治・経済については、あまり興味がないと感じる方もいるかもしれませんが、アンテナを広げ、世の中の動きに敏感になることが大切です。社会人として、必要最低限の知識は身につけましょう。

短時間からスタート

新聞の文字数は非常に多く、全ての記事を毎朝熟読するのは容易ではありません。まずは1日10分もしくは20分というように短い時間からスタートしてみましょう。全ての記事を毎日読むことはできなくても、1日10分程度なら継続できそうですね。大切なのは継続し、習慣化することです。

各種情報誌

就職に関する情報誌には、企業情報や採用情報などが分かりやすく掲載されています。企業情報の収集は、就職戦線を乗り切る重要な要素です。有効活用し、業界・企業・職種に関する情報量を増やしましょう。キャリアサポートセンターでは各種情報誌、雑誌等の閲覧が可能です。積極的に活用しましょう。