HOME > キャリア・就職支援 > 就職活動を始めるにあたって > 職種について

職種について

世の中には色々な職種が存在します。一口に「営業」と言っても、業界や企業によって業務内容や役割は様々で、求められるスキルや人物像も異なるのです。
あなたの「やりたいこと」は何ですか?多くの方は、答えに迷ってしまうと思います。「やりたいこと」というのはなかなか見つからないものです。まずは、学生生活の経験から「できること」、「得意なこと」を見つけてみましょう。
では、実際にはどんな職種があるのか?一例を紹介します。

どんな職種があるのか

営業・販売職 <法人向け営業、個人向け営業、販売員、MR(医薬情報担当者)など>
顧客の現状・ニーズを把握し、自社の商品あるいはサービスを提供します。商品(サービス)の提供に至るまでには、見積書の作成や商談・契約といった一連の流れを経ることになります。恒常的な取引を行うために、アフターフォローを行うことも重要な役目です。営業にはコミュニケーション能力はもちろん、ニーズを把握する力や問題発見・解決能力など様々な能力が求められます。
一口に営業と言っても様々な営業があります。既存のお客様に対して商品(サービス)を提供するルートセールスや新規顧客獲得のための営業、訪問販売など企業・業界によってスタイルは様々です。業界・企業研究を通してそれぞれの仕事内容を把握しておくことが大切です。
事務職 <人事、労務、総務、庶務、経理、会計、広報、オペレーターなど>
社員の給与や売上の計算、福利厚生などに関する業務を行います。企業を支える重要な業務を担うのが事務系です。コミュニケーション能力はもちろん、優れた事務処理能力などが求められます。
専門職 <教員、キャビンアテンダント、アナウンサー、カウンセラー、弁護士、公認会計士、税理士など>
専門的スキルや知識、資格を取得していなければならないのが「専門系」です。免許や資格を取得することが求められる職種なので、専門系の職種を目指す場合は、事前に必要となる免許や資格を確認する必要があります。
技術職 <SE(システムエンジニア)、プログラマー、生産管理、設計、測量、施工管理など>
ソフトウェア(システム)の構築や設計・開発などの業務を担うのが技術系です。専門的な知識やスキルが求められる職種のため、「理系学生の専門分野」という印象が強いかもしれません。しかし、最近では「文系学生」の採用も積極的に行われています。特に「SE」は入社前後の研修制度が充実しているため、十分能力を発揮できる職種といえます。