HOME > 最新情報 > クラブ・サークル・課外活動 > 2009年 > サッカー部の専従コーチに、コンサドーレ札幌から古川毅氏と池内友彦氏を招聘します

クラブ・サークル・課外活動

2009.03.04

サッカー部の専従コーチに、コンサドーレ札幌から古川毅氏と池内友彦氏を招聘します

札幌大学は、コンサドーレ札幌を運営する株式会社北海道フットボールクラブから札幌大学サッカー部の専従コーチを招聘します。
3月4日(水)、札幌大学で「課外活動の指導者委託に関する契約」の調印式及び記者発表を行い、株式会社北海道フットボールクラブと指導者委託に関する契約を締結しました。
専従コーチは、元コンサドーレ札幌選手で昨年まで京都サンガF.C.ユースコーチを務めた古川毅氏と、昨年までコンサドーレ札幌でディフェンダーとして活躍した池内友彦氏の両氏です。
記者発表で両氏は、「考えてプレーし、単にサッカーがうまいだけではなく、人間性にも優れた選手を育てたいと考えています」(古川氏)、「人に流されず、自分をしっかりと持った選手を育てたいと思います」(池内氏)と指導者としての抱負を述べられました。
札幌大学サッカー部は、日本フットボールリーグ(JFL)参戦を視野に、平成21年度から北海道サッカーリーグへ参戦します。

  • k1

    契約書に調印した堀達也札幌大学理事長(右)と、矢萩竹美北海道フットボールクラブ代表取締役社長

  • k2

    サッカー部の専従コーチに就任する古川毅氏(右)と池内友彦氏

page top