HOME > 最新情報 > クラブ・サークル・課外活動 > 2009年 > サッカー部(札大GP)、北海道サッカーリーグ初優勝。JFL参入へ前進

クラブ・サークル・課外活動

2009.09.14

サッカー部(札大GP)、北海道サッカーリーグ初優勝。JFL参入へ前進

サッカー部の社会人登録チームで将来のJFL参入を目指す札大GP(札大 Goal Plunderers)が、今シーズンから参戦した第32回北海道サッカーリーグ(5/10~9/13)で初優勝を果たし、目標のJFL参入へ前進しました。

9月13日(日)に行われたリーグ最終節で、札大GPは札幌ウインズFCを相手に3-1で勝利。通算成績を8勝2分けとし、この日見事無敗で初優勝を決めました。この結果、札大GPは、11月21日から長野県などで行われる全国地域リーグ決勝大会へ出場することになりました。この大会で上位進出を果たすとJFL昇格へ大きく道が開けます。

札幌大学は今年3月、コンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブと専従コーチ派遣に関する契約を結び、サッカー部に元コンサドーレ札幌選手の古川毅、池内友彦両コーチを招聘して部の強化を図ってきました。この結果、今年8月に行われた総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは21年ぶりのベスト8に進出するなど、着実に結果を残しつつあります。北海道サッカー界にとっても夢である北海道からのJFL参入を目指すサッカー部にぜひご期待ください。

page top