HOME > 最新情報 > クラブ・サークル・課外活動 > 2009年 > ソフトテニスの日韓交流事業に学生2人が代表選手として参加

クラブ・サークル・課外活動

2009.10.19

ソフトテニスの日韓交流事業に学生2人が代表選手として参加

財団法人日本体育協会が実施する平成21年度日韓スポーツ交流事業・地域交流推進事業の「ソフトテニスU14,U18,U21日韓交流事業」に学生2人が代表選手として参加します。
参加する学生は、ソフトテニス部所属の山本奈津美さん(外国語学部1年)と田畑未央さん(文化学部1年)の2人で、U21の代表選手として参加します。
「ソフトテニスU14,U18,U21日韓交流事業」は、ソフトテニスを種目として北海道と韓国との交流を行う事業です。10月31日(土)から11月3日(火)にかけて韓国で開催され、U14、U18、U21の各年代により実施されます。2人の健闘を期待します。

財団法人日本体育協会が実施する日韓交流については、こちらをご覧ください。

page top