HOME > 最新情報 > クラブ・サークル・課外活動 > 2013年 > スケート部が札幌盲学校のスケート体験事業でスケート指導のお手伝いをします

クラブ・サークル・課外活動

2013.09.30

スケート部が札幌盲学校のスケート体験事業でスケート指導のお手伝いをします

アイスホッケー部

札幌大学スケート部では、10月1日(火)に月寒体育館スケート場(札幌市豊平区)で行われる北海道札幌盲学校の生徒を対象とした「スケート体験」で、スケート指導のお手伝いをします。

 

このスケート体験は、通常では体験することの出来ないスケートや氷上での活動を通じて「触れるスポーツ」を体感していただき、障がい者スポーツ機会の拡充を図るとともに障がい者活動支援を目的として、財団法人さっぽろ健康スポーツ財団の主催により開催しているもので、本学スケート部も毎年協力しています。

 

当日は、本学スケート部の部員が監督やコーチとともに、参加者にスケート靴の履き方から立ち方、スケーティングや止まり方などを指導します。また、ラビットそりやゴムチューブ、ザンボニーラフティングなど、氷上で楽しめる内容を多く取り入れた内容を予定しています。 スケート部員にとっては、ひとりひとりに応じた丁寧な指導に心がけ、スケートの楽しさを伝えていくことで、障がい者スポーツに体する理解を深める体験となります。

 

実施日 平成25年10月1日(火) 14:30~16:30
場所 月寒体育館スケート場(札幌市豊平区月寒東1条8丁目)

 

page top