HOME > 最新情報 > クラブ・サークル・課外活動 > 2016年 > 【田学連携】X-SPORTS部の活動が苫小牧民報に掲載されました

クラブ・サークル・課外活動

2016.04.18

【田学連携】X-SPORTS部の活動が苫小牧民報に掲載されました

本学のX-SPORTS部の活動が4月12日(火)の苫小牧民報に掲載されました。

X-SPORTS部は、今年の1月より「田学連携事業」の一環として、北海道勇払郡厚真町のサーフィンに取り組むABC(アツマ・ビーチ・クラブ)の子どもたちと、スケートボードを通して交流を深めてきました。これまでは、ABCの子どもたちが本学のPOOL PARKにてスケートボード体験をしたり、X-SPORTS部の学生たちがスケートパーク作りのお手伝いなどで、厚真町を訪れています。

この度、ABCの指導体制が整ったことをから、「ABCジュニアサーフクラブ」の正式な立ち上げが決定し、これに伴いX-SPORTS部の監督、学生たちが指導者として参加します。

今後子どもたちは、定期的に行われる練習会にてサーフィンやスケートボードのレベルアップを図り、POOL PARKの訪問も予定しています。

 

※本学では、北海道勇払郡厚真町と北海道上川郡新得町との「田学連携事業」に参画し、様々な取り組みを行っています。この「田学連携事業」とは、田舎と大学が連携することにより、新たな地域の力を生み出し、地域活性化を目指していく事業です。

page top