HOME > 最新情報 > 地域貢献 > 2012年 > 西岡北小学校の3年生が札幌大学を訪問しました

地域貢献

2012.07.25

西岡北小学校の3年生が札幌大学を訪問しました

西岡北小学校

本学に隣接する札幌市立西岡北小学校の3年生56人が、7月9日と17日の両日、総合的な学習で本学を訪問しました。今回の訪問は「西岡にある札幌大学をもっと詳しく知ろう」という学習計画に基づくもので、地域交流の一環として本学が協力したものです。

西岡北小学校

西岡北小学校

初日の9日は、埋蔵文化財展示室や図書館、大学会館などを見学、2日目の17日は、山田玲良教授の「入門演習」と豊里真弓准教授の「アメリカ文学史」の時間を利用して、本学学生にインタビューを行いました。学生へのインタビューでは、「給食はありますか?」「札大のよいところは?」「大学には何歳まで居られますか?」などの質問が出されていました。はじめは少し緊張した雰囲気でしたが、質問が進むにつれて笑顔が見られるようになり、最後には互いに写真を撮りあうなど、和気あいあいの中で「札大ふしぎ発見!」を終えました。

ご協力いただいた学生の皆さん、ありがとうございました。

地域交流に力を入れている札幌大学では、近隣の小中学校をはじめ、「総合的な学習の時間」を利用して道内各地から本学を訪問する中学生の受け入れを行っています。

page top