HOME > 最新情報 > 地域貢献 > 2013年 > 本学の片山大輔さんが被災地でボランティア活動を行いました

地域貢献

2013.10.02

本学の片山大輔さんが被災地でボランティア活動を行いました

震災ボランティア

本年度、札幌大学では東日本大震災の被災地でボランティア活動を行う学生に対して、個別に活動費等の経済的な補助を実施していますが、本学1年生の片山大輔さん(地域共創学群 経営学専攻)が、夏期休業中の9月4日から12日の間に岩手県遠野市、宮城県牡鹿半島で農作業や地域祭りの手伝いで被災地復興に関わるボランティア活動を行いました。

 

具体的には、田んぼの稗抜き、ホヤ養殖の準備作業、牡鹿半島荻浜の地域祭りの運営手伝い等を同じく参加した関東、関西の大学生と一緒に体験しています。

片山さんは、「東日本大震災の被災地を目の当たりにし、もっと早く、復旧支援に多くの協力が求められた時期にボランティア参加していれば良かったという思いを強めた」という感想を述べています。

 

後半には福島県いわき市の福島スタディツアーにも参加し、被災状況、震災復興に向けた取組みの説明を受けながら日産いわき工場等の被災地を視察することで、大学在学中にもう一度関わりたいというボランティアの参加意欲を高めています。

page top