HOME > 最新情報 > 地域貢献 > 2014年 > 美唄市と札幌大学との連携協定調印式を行います

地域貢献

2014.05.15

美唄市と札幌大学との連携協定調印式を行います

平成26年5月21日(水)、本学において、北海道美唄市との連携協定調印式を行います。

 

美唄市では、地域資源を効果的に結び付け、それを活かしながら、自ら意欲を持って地域づくりに取り組む人材(人財)の育成を目標に、市民が気軽に集い、交流できる複合拠点「美唄サテライト・キャンパス」を開設しています。
この度の協定により、札幌大学では、「美唄サテライト・キャンパス」へ講師を派遣し、様々な助言や提案などの協力を行う一方、美唄市からは地域づくりの実践的な取り組みの場として、インターンシップやフィールドワーク、学術調査など、恵まれた地域環境が本学学生に提供されます。
美唄市との協定は、平成24年4月に美唄市と本学経営学部とが締結し、事業を推進してきたものですが、この度、同市と札幌大学との協定へと改め、大学全体として連携を推進していくものです。この連携により、本学は、美唄市と教育・研究、人材育成の分野において一層相互協力を推進していきます。

 

日時5月21日(水) 14:00~
場所札幌大学 第一会議室(中央棟2階)
問い合わせSUICC(札幌大学インターコミュニケーションセンター)
TEL:011-852-9138

 

※このプレスリリースのダウンロードはこちらから↓

page top