HOME > 最新情報 > 地域貢献 > 2015年 > 札幌大学コミュニティダンスサークル「ひつじ舞踊団」が活動中

地域貢献

2015.01.21

札幌大学コミュニティダンスサークル「ひつじ舞踊団」が活動中

ひつじ舞踊団
第3回「即興ダンス」
ひつじ舞踊団
第4回「舞踏」

特定非営利活動(NPO)法人札幌大学スポーツ文化総合型クラブ「めぇ~ず」の新企画として、札幌大学コミュニティダンスサークル「ひつじ舞踊団」が2014年10月に発足し、月に1回、様々なダンスのワークショップを本学ダンスフロア「SCore」を会場に開催しています。
「ひつじ舞踊団」は、地域の方々が様々なダンスに触れる機会を設けることで、ダンスの魅力を伝えること、またダンスを通してコミュニケーションや想像(創造)力を育むことを目的に活動しています。
2月にも開催を予定しておりますので、皆様ぜひご参加ください。

 

<これまでの開催内容>

第1回(2014/10/4) 【テーマ】「J-POPダンス」
【講師】柴田詠子(札幌大学職員/「ひつじ舞踊団」団長)
【対象】こども~おとな
第2回(2014/11/8) 【テーマ】「コンテンポラリーダンス」
【講師】ビルヂング(コンテンポラリーダンスグループ)
【対象】幼稚園~中学生
第3回(2014/12/6) 【テーマ】「即興ダンス」
【講師】東海林靖志(札幌大学OB/ ダンサー)
【対象】こども~おとな
第4回(2015/1/10) 【テーマ】「舞踏」
【講師】田仲ハル(舞踏家)
【対象】こども~おとな

<次回開催予定>

第5回(2015/2/7) 【テーマ】「ペアダンス」
【講師】三浦正記(札幌大学経営学部3年/札幌大学ストリートダンス部:SPADE部長)
【対象】こども~おとな

【問い合わせ先】めぇ~ず事務局 TEL:011-852-9138(営業時間: 月~金 10:00~16:00)

 

【コミュニティダンスとは】
ダンスの経験の有無や年齢・性別・国籍・障がいの有無にかかわらず、「誰もがダンスを楽しむことができる」という考えのもと、アーティストが関わり、地域社会に「ダンス」を普及させ、「ダンスの力」を活かしていく活動です。

 

「ひつじ舞踊団」Facebookページはこちらをご覧ください。

 

※このプレスリリースのダウンロードはこちらから↓

page top