HOME > 最新情報 > 地域貢献 > 2016年 > 北海道札幌丘珠高等学校との高大連携・出前講義を実施しました

地域貢献

2016.10.12

北海道札幌丘珠高等学校との高大連携・出前講義を実施しました

okadama_hs01.JPG

10月7日(金)、札幌大学と高等学校との高大連携事業の一環として、本学留学生が北海道札幌丘珠高等学校に出向き国際文化フィールド3年生46名を対象に出前講義を行いました。

この出前講義は本学の専任教員や留学生が北海道札幌丘珠高等学校へ出向き、教育交流を通じて大学と高等学校の相互理解を深め、生徒の学修効果を高めることを目的として、全8回の講義を実施するものです。

 

アメリカ出身とインドネシア出身の留学生2名が講師を務める今回の講義では、それぞれの自己紹介や将来の夢、学校生活や文化の違いなどについて、英語と日本語を交えながら熱心に話し合いました。生徒からは次々に質問が飛び、留学生も覚えたての日本語で一生懸命答えるなど相互の活発な交流が行われ、充実した時間を過ごしました。

 

 

出前講義実施内容(全8回)

  • 10月 3日(月) 大矢 温教授:「ロシア学入門 (「ロシア」ってどんな国?)」
  • 10月 7日(金) 大学留学生2名
  • 10月14日(金) 田原 博幸准教授:「現代英語の変わり方-活字と音のギャップを埋めるポイント-」
  • 10月17日(月) ウィリアム・グリーン教授:「Youth Culture in Britain」
  • 10月28日(金) 張 偉雄教授:「近代日中文人の異文化体験」
  • 10月 3日(月) 大矢 温教授:「ロシア学入門 (「ロシア」ってどんな国?)」
  • 10月31日(月) アラン・ボゼア教授:「Learning about Canada」
  • 11月 7日(月) フィリップ・ラドクリフ教授:「US Holiday」
  • 11月14日(月) 大学留学生2名

page top