HOME > 最新情報 > 地域貢献 > 2017年 > 本学学生が豊平区「2017冬季アジア札幌大会おもてなし折り鶴」事業に協力しました

地域貢献

2017.01.16

本学学生が豊平区「2017冬季アジア札幌大会おもてなし折り鶴」事業に協力しました

IMG_3251.JPG
IMG_2263.JPG

1月11日(水)に本学学生6名が豊平区「2017冬季アジア札幌大会おもてなし折り鶴」事業に協力し、折り鶴の製作をしました。

この取り組みは豊平区が、2月に開幕する「2017冬季アジア札幌大会」の成功とたくさんの笑顔が生まれることを願って、豊平区オリジナルの折り紙を使用した折り鶴を製作し、大会を訪れる海外のお客様にお渡しするおもてなし活動で、豊平区が実施する「まちづくりパートナー制度」に参加している本学に協力の要請があったものです。

 

「2017冬季アジア札幌大会」では、豊平区内に所在する月寒体育館、カーリングスタジアム、西岡バイアスロン競技場が競技会場となっており、期間中にはアジア各国から多くの選手、関係者、観光客が豊平区を訪れる予定です。選手のみなさんの活躍をお祈りいたします。

 

「とよひらまちづくりパートナー制度」についてはこちらをご覧ください。

 

【関連記事】豊平区「とよひらまちづくりパートナー」に参加・協力します

 

【問合せ先】札幌大学インターコミュニケーションセンター(SUICC) TEL:011-852-9138

page top