HOME > 最新情報 > 文化学部 > 2015年 > スポーツ文化コース・専攻で「卒業研究発表会」及び「卒業研究構想発表会」を開催しました

文化学部からのお知らせ

2015.01.23

スポーツ文化コース・専攻で「卒業研究発表会」及び「卒業研究構想発表会」を開催しました

2014_sports_01.jpg

1月21日(水)、22日(木)の2日間、平成26年度文化学部スポーツ文化コース・地域共創学群スポーツ文化専攻における「卒業研究発表会」及び「卒業研究構想発表会」を開催しました。
発表会には4年生が38名、3年生が48名参加し、スポーツ文化専攻の2年生が聴講しました。

学生らはそれぞれ、スポーツ文化コースでの学びをもとに自分自身で関心のあるテーマを設定し、問題の背景と先行研究をまとめ、設定した研究テーマに対する見解を発表しました。

 

 

【スポーツ文化コース4年生卒業研究口頭試問/研究テーマ】

・柔道選手の減量時における身体組成と筋機能の変化について

・幼少期の環境が青年期の攻撃性に及ぼす影響について

・「児童の睡眠実態」について −学年および性差との関係に関する一考察−

・交流及び共同学習におけるスポーツ教育の在り方~平取養護学校での実践を通して~

・北海道サイクルツーリズム入門ガイドの作成

・「HOP・STEP・CAMP」小学生に対するキャンプの企画運営及び考察

・バスケットボールの試合におけるフリースローの重要性

・ニグロ・リーグの消滅とジャッキー・ロビンソンのメジャー・リーグ移籍の関係

 

【スポーツ文化コース3年生卒業研究構想発表会/研究テーマ】

・札幌市円山球場の歴史に関する研究

・「稽古」の語源と使われ方の変遷について

・小学生の投球能力の向上に関する研究

・小学生の生活習慣と身体の発育・発達の関係性について

・健常者と障がい者をつなぐ〈ニュー障がい者スポーツ〉~障がい者スポーツに対する意識改革~

・子どもの遊び空間に関する公園の調査

・「女性アスリート」が乗り越えてきた苦難 ~心と体~

・動物愛護管理法からスポーツフィッシングについて考える

page top