HOME > 最新情報 > 外国語学部 > 2011年 > クリスマスと新年を祝うロシアのお祭り第28回ヨールカ祭を開催

外国語学部からのお知らせ

2011.12.05

クリスマスと新年を祝うロシアのお祭り第28回ヨールカ祭を開催

ヨールカ祭

 

札幌大学外国語学部ロシア語学科では、クリスマスと新年を祝うロシアのお祭り「第28回ヨールカ祭」を、12月17日(土)16時30分から札幌大学リンデンホールで開催します。

 

ヨールカ祭は毎年、外国語学部ロシア語学科の学生による「ヨールカ祭実行委員会」の主催によって開催され、今年で28回目を迎えます。

今年のヨールカ祭では、ロシア語やロシア文化を学ぶ学生等がロシア語劇や歌、踊りを披露するほか、本学の高大連携講座でロシア語を学ぶ札幌新陽高等学校の生徒も参加し、ロシア語劇「大きなかぶ」を演じます。また、手作りのロシア料理やビンゴゲームも用意していますので、ロシア語が全く解らない方でもロシア文化を楽しめる内容になっています。

 

当日は、学生・教職員をはじめ、在札幌ロシア連邦総領事館、在札幌サハリン州代表部からのゲストも参加予定です。一般の方々もご参加いただけます。

日時:12月17日(土)開場16:00 開演16:30

 

会場:札幌大学 大学会館(リンデンホール)1階「カモール」(札幌市豊平区西岡3条7丁目3−1)

 

参加費:前売り券450円 当日券500円

 

チケット販売:札幌大学生活協同組合旅行部(TEL:011-852-9219)

 

主催:外国語学部ロシア語学科「第28回ヨールカ祭実行委員会」

 

問い合せ:外国語学部 大矢 温 研究室(TEL:011-852-9603)

ヨールカ祭 ヨールカ祭

 

【ヨールカ祭とは】

ヨールカとは、ロシア語で「もみの木」のことで、欧米のクリスマスツリーにあたります。ロシアの年末年始には、街角にも大きなヨールカが立てられ、新年やクリスマスを祝います。ロシアのクリスマスは旧暦で祝うので、1月7日であり、代表するキャラクターとしてロシアのサンタクロースであるマロース爺さんや彼の孫娘スネグローチカ(雪娘)が登場します。

■外国語学部ロシア語学科運営ページ:http://www.su-rus.net/archives/692


※このプレスリリースのダウンロードは、20111209第28回ヨールカ祭-small.pdfこちらから(PDFファイル287KB)

page top