HOME > 最新情報 > 外国語学部 > 2012年 > 外国語学部講演会を開催しました

外国語学部からのお知らせ

2012.12.18

外国語学部講演会を開催しました

外国語学部講演会

札幌大学外国語学部は、幅広い教養、専門知識の修得をねらいとし、通常の講義では得られない学問的刺激を学生に与え、勉学意欲を高めることを目的とし、12月18日(火)3講時に講演会を開催しました。

講師に東京大学名誉教授和田 春樹氏をお迎えし、「東アジアの中の日本」をテーマにお話いただきました。

学生及び教員約180名が熱心に聴講し、活発な質疑応答が行われました。

 

講師略歴:

1938年大阪府生まれ、東京大学文学部西洋史学科卒業東京大学社会科学研究所教授、同所長を経て東京大学名誉教授

専門はロシア史・東アジア史

主要業績:

『北方領土問題――歴史と未来』(朝日新聞社[朝日選書], 1999年)

『ロシア――ヒストリカル・ガイド』(山川出版社, 2001年)

『朝鮮戦争全史』(岩波書店, 2002年)

『朝鮮有事を望むのか――不審船・拉致疑惑・有事立法を考える』(彩流社, 2002年)

『日本・韓国・北朝鮮――東北アジアに生きる』(青丘文化社, 2003年)

『東北アジア共同の家――新地域主義宣言』(平凡社, 2003年)

『同時代批評――日朝関係と拉致問題』(彩流社, 2005年)

『テロルと改革――アレクサンドル二世暗殺前後』(山川出版社, 2005年)

『ある戦後精神の形成 1938-1965』(岩波書店, 2006年)

『日露戦争 起源と開戦』(岩波書店, 2009年)

 

page top