HOME > 最新情報 > プレスリリース > 2008年 > 北海道とのタイアップ事業『北海道遺産』外国語パンフレットが完成しました

プレスリリース

2008.07.05

北海道とのタイアップ事業『北海道遺産』外国語パンフレットが完成しました

北海道が実施している「民間企業等とのタイアップ事業」で、札幌大学が進めてきた「北海道遺産」外国語パンフレットが完成しました。

このパンフレットは北海道を訪れる外国人観光客や、海外において「北海道遺産」を紹介するためのパンフレットで、英語、ロシア語、中国語、韓国語の4ヶ国語で作られています。制作にあたり、英語とロシア語は本学外国語学部学生、中国語と韓国語は本学外国人留学生が翻訳にあたり、また、翻訳の質を確保するため、本学教員が監修にあたりました。

北海道とのタイアップ事業では、平成18年度に、道庁赤れんが庁舎の展示物に関する解説文の翻訳を行っており、今回の4ヶ国語パンフレットの制作は「民間企業等とのタイアップ事業」の第2弾となります。

【主な配布先】

北海道さっぽろ「食と観光」情報館(JR札幌駅構内)

道庁赤れんが庁舎

北海道洞爺湖サミット札幌プレスワーキングルーム(仮称)

<海外>

北海道在外事務所

サハリン州北海道事務所(ロシア)、北東北3県・北海道ソウル事務所(韓国)

北洋銀行大連駐在員事務所(中国)

北陸銀行上海駐在員事務所(中国)

  • ■『北海道遺産』パンフレット表紙

  • ■英語版

  • ■ロシア語版

  • ■中国語版

  • ■韓国語版

page top