HOME > 最新情報 > プレスリリース > 2008年 > 心肺蘇生法(CPR)とAED使用方法の講習会を開催

プレスリリース

2008.12.05

心肺蘇生法(CPR)とAED使用方法の講習会を開催

平成16年7月1日から非医療従事者(一般市民)においても、自動体外式除細動器(AED)の使用が一定の条件の下で認められ、札幌大学では平成17年12月にAEDを大学構内に2台設置しました。社会的にもAEDの有効性が認められていることから、昨年はさらに4台増設し、札幌大学では現在6台のAEDが設置されています。

このAEDの設置に伴って、学生・教職員を対象に、心臓マッサージと人工呼吸からなる基本的な心肺蘇生法(CPR)とAEDの効果的な使用法、止血法の講習会を年に2回開催しています。

今年度第2回目の講習会を、札幌市消防局と札幌市防災協会の協力のもと、12月18日(木)・19日(金)に開催します。約150人の教職員および学生が受講する予定です。

また、今回の講習会では過去の受講者も参加可能となっており、反復して救命の知識を学び、緊急な場面に遭遇したときに備えます。

なお、講習修了者には、札幌市消防局から普通救命講習修了証が交付されます。

日時 平成20年12月18日(木) 13:00~16:00
平成20年12月19日(金) 9:00~12:00、13:00~16:00
場所 札幌大学 1001教室 (札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
講習プログラム 普通救命講習I(3時間)
  • 実習 心肺蘇生法(気道確保・人工呼吸、心臓マッサージ)
  • 実習 AEDの使用方法
  • 実習 止血法
参加費 無料
参加対象者 学生、教職員
実施主体 札幌市消防局/札幌防災協会

【前回講習会(平成20年7月29日開催)の様子】

  • 前回の講習会の様子(1)
  • 前回の講習会の様子(2)

page top