HOME > 最新情報 > プレスリリース > 2009年 > 第10回札幌大学孔子学院講演会「養生~生命を養う中国の伝統思想」を開催します

プレスリリース

2009.04.11

第10回札幌大学孔子学院講演会「養生~生命を養う中国の伝統思想」を開催します

札幌大学孔子学院では、4月25日(土)午後2時から、張偉雄学院長が講師となり「養生~生命を養う中国の伝統思想」をテーマに、第10回札幌大学孔子学院講演会を開催します。

講師 張 偉雄(札幌大学孔子学院学院長、札幌大学文化学部教授)
日時 平成21年4月25日(土)14:00~15:30(当日の受付開始:13:30から)
会場 株式会社 キャリアバンク セミナールーム
(札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55ビル 5階)
受講料 無料
定員 70人(先着順)
申込期限 4月22日(水)18:00必着
申込先 札幌大学孔子学院(札幌大学サテライトキャンパス)
Tel.(011)272-1600 Fax.(011)272-1606

【講演要旨】

紀元前四世紀後半の中国の思想家荘子の記した「養生主」には、文恵君が料理人の牛の解体を見てその技に感心し「養生」の極意を悟ったという話があります。これは「無為自然、極意の到達は最大の養生である」との考えを示したものです。荘子のこの考えは、現代の「カンフー・気功」にもつながるものです。中国・広東では武術一般を「功夫 Kung fu」と呼び、「カンフー」は、ある目標を目指して一心に精進努力することを意味しています。その基本は結果としての「強さ」よりも鍛錬の精度、プロセスを重視し、弛まぬ鍛錬、極意の到達を目指すものです。この目指す過程・プロセスは同時に、内面と外面、人間と自然の調和を追及するものであり、生命を養い、最善な精神的、肉体的な境地を作り出すものです。本講演は中国の伝統思想と現代の功夫との繋がりを探ります。

【講師紹介】

張 偉雄(ちょう・いゆう)

札幌大学文化学部教授、札幌大学孔子学院学院長、日中関係学会理事、北海道日中経済友好協会理事

広東外語外貿大学日語学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了

1998年4月、札幌大学文化学部教授に赴任(2005~2006年度は学部長)

2006年11月、札幌大学孔子学院設立と同時に学院長に就任(兼任)

専門分野は、比較文化、比較文学、日中関係、東西交流、日中文化交流など。

page top