HOME > 最新情報 > プレスリリース > 2009年 > デートDVを知り、防止するための講演とワークショップを実施

プレスリリース

2009.06.26

デートDVを知り、防止するための講演とワークショップを実施

札幌大学学生相談室では、夫婦間などで暴力や言葉により相手の身体や心を傷つける行為である「DV=ドメスティックバイオレンス」が社会問題となっていることを受け、7月6日(月)、学生を対象にデートDVの実態を知り、防止するための講演とワークショップを実施します。

デートDVとは、恋人間でのDVを意味します。男女の付き合いが始まる早い時期からDVの実態と防止について学び、デートDVをしない、被害に合わないための知識を身につけることを目的として行います。

当日は、デートDVの実際例、被害の統計や原因などについての講演の他、ワークショップを実施し、どんな行為がデートDVに当たるのか、防止するにはどう対応すればいいのかなどを学びます。

一般の方の聴講も可能です。参加料は無料ですが、事前の申し込みが必要となります。

【講演及びワークショップ】

日時 平成21年7月6日(月)16:30~18:00
テーマ 『デートDVを知っていますか』
講師 NPO法人 DV防止ながさき代表 中田 慶子氏
場所 札幌大学プレアホール(札幌市豊平区西岡3条7丁目 札幌大学2号館3階)
問合せ
申込先
札幌大学学生相談室 TEL.(011)852-1181(内線2143)

page top