HOME > 最新情報 > プレスリリース > 2010年 > 学生発案型授業 「北海道の政治学」をテーマに来年度開講

プレスリリース

2010.12.18

学生発案型授業 「北海道の政治学」をテーマに来年度開講

学生発案型授業 「北海道の政治学」をテーマに来年度開講

札幌大学では、FD活動の一環として、学生が自分たちの手で学びたい授業を企画し、教員とともにテーマや内容を組み立てて実施する「学生発案型授業」の導入をめざして、学生FD委員会(札大おこし隊!)が中心となって検討を進めています。

来年度の開講に向けて、学んでみたい新授業のアイディアを在学生から募集し、56件の授業案の中から学生FD委員会が授業の実現性などを考慮しながら絞り込み、最終選考に残った授業案について学生投票が行われました。

投票の結果、『北海道の政治学』をテーマとした授業案が学生の興味・関心を集め、札幌大学初の「学生発案型授業」に決まり、来年度「アクティブラーニング」という科目で開講されます。

今後は、この授業を提案した学生と担当教員、学生FD委員会とでシラバスの作成を行い、来年度秋学期には全学部オープンの共通科目として授業展開していきます。この科目を履修して修得した単位(2単位)は、卒業単位に認定されます。

【FD活動】

FDとは、Faculty Development(ファカルティ・ディベロプメント)の略。大学の授業内容や教育方法などの改善、向上をすすめる組織的な活動のこと。札幌大学では、学生による授業評価アンケートや教員相互の授業参観、授業方法の研究会・シンポジウムなどを積極的に行っています。

【札幌大学学生FD委員会(札大おこし隊!)】

大学をより良くしたいと集まった学生有志の団体。学生が自らの手で意識改革に挑み、自らの考えをこれからの大学づくりに反映させていこうと、学生と教職員の意見交換会「サツトーク」や「学生発案型授業」などを企画し、学生からの意見を発信しています。

FDフォーラム「サツトーク」の開催

日 時平成23年1月14日(金)16:30~
会 場札幌大学学生会館(リンデンホール)EAST2階 サピオ
(札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
テーマ「あなたが思う楽しかった授業を教えて?
-良い授業をつくるために私たちができること-」
主 催札幌大学学生FD委員会

page top