HOME > 最新情報 > プレスリリース > 2012年 > 第18回孔子学院講演会を開催します

プレスリリース

2012.02.03

第18回孔子学院講演会を開催します

莫邦富氏

札幌大学孔子学院では、2月26日(日)14時から、札幌きょうさいサロンにおいて、知日派作家・ジャーナリストの莫邦富(モー・バンフ)氏をお迎えし、「第18回孔子学院講演会」を開催します。

 

札幌大学孔子学院では、開設以来、中国に関する著名な研究者、実務家、ジャーナリスト等を招き無料講演会を開催しています。第18回となる今回は、知日派作家・ジャーナリストである莫邦富氏をお迎えし、「中国地方都市の潜在能力と日本のインバウンド市場」をテーマに開催します。目覚ましい発展を遂げる中国地方都市の潜在能力と成長の要因。また、今後中国人観光客の増加が見込まれる日本のインバウンド市場の取り組みについて講演いただきます。

 

受講料は無料ですが、E-mailまたはFAXでの事前申し込みが必要です。

日時 平成24年2月26日(日)14:00~15:30 
場所

札幌きょうさいサロン 4階「カンファレンスルームN-1」

(札幌市中央区北 4西 1 共済ビル)

講師 莫邦富氏 (作家・ジャーナリスト)
演題 中国地方都市の潜在能力と日本のインバウンド市場
募集人数 120人   ※ 参加料無料
申込方法

1氏名 2性別 3年齢(何歳代) 4郵便番号 5住所 6電話番号を明記し

下記にE-mail(札幌大学孔子学院HP に申込用フォームを用意しています)または FAX でお申し込みください。

申込締切 2月24日(金)17:00必着 ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。

問い合せ

 

申し込み

札幌大学孔子学院事務局(札幌大学サテライトキャンパス) 

(祝日を除く 月~金 9:00~20:30  土 9:00~17:00) 

TEL:011-272-1600

FAX:011-272-1606

E-mail: su-koshi@ofc.sapporo-u.ac.jp 

HP   http://www.sapporo-koshi.jp

 

【講師紹介】

作家・ジャーナリスト。1953 年、上海市生まれ。上海外国語大学日本語学科卒。同大学講師を経て、85 年に来日。95 年に莫邦富事務所を設立。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続けている。

また、「新華僑」や「蛇頭」といった新語を日本に定着させたことでも知られる。中国向けネーミング開発、日中地方自治体や企業に対するコンサルタントも積極的に進めている。

『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『新華僑』、『鯛と羊』、自分自身の半生を綴った『これは私が愛した日本なのか』、『中国ビジネスはネーミングで決まる』などがある。最新刊は『莫邦富が案内する中国最新市場  22 の地方都市』、『莫邦富の中国ことわざ玉手箱』。

現在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモンド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを連載中。

 


※このプレスリリースのダウンロードは、第18回孔子学院講演会HP.pdfこちらから(PDFファイル250KB)

page top