HOME > 最新情報 > 国際交流センター > 2015年 > 本学留学生がスキー指導員に合格しました

国際交流センターからのお知らせ

2015.03.10

本学留学生がスキー指導員に合格しました

留学生スキー指導員合格

昨年スタートした、産官学の連携による日本初の留学生向け人材育成プロジェクト「留学生スキーインストラクター育成プロジェクト」に、今シーズンも本学から留学生が挑戦しました。
12月末からの実技練習を経て、宮 婷(キュウ テイ)さん、何 超児(カ チョウジ)さん、戴 悦(タイ エツ)さんの3名が北海道スキー連盟認定指導員検定の受検資格である同連盟のバッジテスト2級に合格し、3月7日~8日にかけて実施された認定指導員検定にみごと合格しました。
このたびのプロジェクトに参加した留学生のなかには、資格取得に至らなかった学生もいましたが、寒さの厳しいゲレンデで昼夜の練習を重ね、スキー初心者ながら全員が大健闘しました。
このプロジェクトを企画・運営している北海道運輸局には、運輸行政の推進に寄与し、優れた業績を上げた個人・団体を表彰する「公益信託広瀬真一記念運輸振興基金 広瀬真一賞」が贈られています。

page top