HOME > 最新情報 > 国際交流センター > 2016年 > 第10回日中経営フォーラムで本学教員が研究成果の発表を行いました

国際交流センターからのお知らせ

2016.01.22

第10回日中経営フォーラムで本学教員が研究成果の発表を行いました

DSC_0093.JPG
DSC_0059.JPG

札幌大学経営学専攻の海外学術交流の柱である「日中経営フォーラム」が、2015年12月25日に上海・華東理工大学で開催されました。華東理工大学は15学院(学部)を有する総合大学です。
この度の開催で、節目の第10回を迎えた同フォーラムには、札幌大学と華東理工大学商学院から7名の研究者が参加し、研究成果を発表しました。研究発表会の後、両大学の教員がラウンドテーブル会議を開き、学生教育、研究活動、大学と地域社会との関係などを巡って討論しました。

 

札幌大学からは以下の3名が報告を行いました。
・本間 雅美教授「リーマンショックとグローバルインバランス 」
・靍 日出郎教授「原価計算の新潮流―ABCからTDABCへ―」
・汪 志平教授「日本の企業統治改革の現状と課題―東芝会計不正事件の事例研究―」

 

なお、2016年の「第11回日中経営フォーラム」は、札幌大学で開催される予定です。

page top