HOME > 最新情報 > 女子短期大学部 > 2016年 > 「平成27年度設置計画履行状況等調査」指摘事項を踏まえたキャリアデザイン学科のさらなる発展の取り組みについて

女子短期大学部からのお知らせ

2016.03.01

「平成27年度設置計画履行状況等調査」指摘事項を踏まえたキャリアデザイン学科のさらなる発展の取り組みについて

札幌大学女子短期大学部では、平成25年4月に、より教養教育に重きを置いたキャリアデザイン学科を新設し、体験知を高めながら「生き抜く力」としての教養を育み、知性・品格・ホスピタリティにあふれる人間性を培うとともに、国際化する地域の中で、しなやかに自己実現を積み重ねていくことができる人材の育成に努めて参りました。学生は日々の学修に主体的に取り組むとともに、さまざまな活動やプログラムに積極的に参加し、自ら考え、共感、連帯、協働しながら、着実に実践的教養を身につけております。この3月には第二期生がそれぞれの希望を叶え、前途洋洋たる進路に巣立っていきます。関係各位におかれましては、この間の本学の取り組みについてご理解とご協力を賜り、厚く御礼申しあげます。
昨年度、文部科学省「設置計画履行状況等調査」において指摘のあった改善意見・是正意見につきましては、速やかに是正及び改善策を講じて文部科学省に報告し、教育の質と教育力の一層の向上に努めております。今年度のアフターケアの中で、ご当局より賜りました追加のご示唆につきましても、これまでと同様、真摯にお受けし、直ちに適切な是正を行い、改善に努めて参る所存です。平成30年の創立50周年に向け、本学が掲げる設置趣旨・目的の完遂を目指し、弛まず努力して参りますので、引き続きご支援を賜りますようお願い申しあげます。

 

札幌大学女子短期大学部 学長  桑原 真人

page top