HOME > 最新情報 > 法学部 > 2012年 > 法学部ゼミナール研究発表会を開催します

法学部からのお知らせ

2012.11.16

法学部ゼミナール研究発表会を開催します

法学部では、ゼミナールでの研究成果を発表する「法学部ゼミナール研究発表会」を、11月17日(土)9時から、札幌大学3号館の各教室にて開催します。

 

研究発表会では、各ゼミナールが行ってきた判例や政治行政等に関する研究の成果を資料や映像にまとめ発表し、法学部の教員が講評を行います。

法学部では、本格的な学問研究を2年間にわたって積み重ね、専門的職業人としての資質と能力を養成することを目的に、3年次からの専門演習(演習I・II)を開設しています。1・2年生にとっては、各ゼミナールの発表を聴講することで今後の学修計画の参考にし、将来自分が取り組みたい研究テーマを探る機会となります。

なお、この研究発表会は、法学部在学生による有志団体「法学部ゼミナール協議会」が企画・運営にあたります。同協議会は法学部の1年生から4年生までの学生が、学年やゼミナールの垣根を越えた交流を図る事を目的としてし、研究発表会の他、新入生歓迎会やスポーツ交流会など各種レクリエーションを企画・運営しています。

 

法学部ゼミナール研究発表会は、一般の方も聴講できます。事前申込は不要です。

  3101教室 3102教室 3002教室
9:00
開会式  
9:30-10:00

可罰的違法性論

(半田祐司教授)

動物の占有者責任について

(上机美穂准教授)

西川美和「ゆれる」~ひとつの事件ですべてがゆれる~

(山崎眞紀子教授)

10:10-10:40

大崎事件

(前原宏一教授)

いじめ自殺事件における学校側の過失についての研究

(上机美穂准教授)

より美しい大通公園を目指して~More Beautiful 大通 Park~

(武岡明子准教授)

10:50-11:20

3.11とフクシマ原発

(林研三教授)【自由演習】

婚姻継続し難い重大な事由についての研究

(上机美穂准教授)

身近な地域から自然環境を学ぶ

(早矢仕有子教授)

11:30-12:00

限界集落と家族

(林研三教授)

希少野生動物の保護に関する法的考察~ヒト、フクロウ、時々、法律~

(藤巻秀夫教授)

ゼミ紹介(11:30-11:40)

(森山弘二准教授)

12:05-12:35  

パロジェクトX 挑戦者たち

(浅野一弘教授)

 
12:35   閉会式  

※表括弧内教員名は演習(ゼミナール)担当教員

page top