HOME > 最新情報 > SU News > 2006年 > 「札幌大学孔子学院」の設立を目指し、意向書に調印

SU News

2006.08.04

「札幌大学孔子学院」の設立を目指し、意向書に調印

8月3日(木)、本学は、中国国家漢語国際推進指導チーム弁公室との間で札幌大学孔子学院設立に関する意向書に調印を行いました。 孔子学院は、中国政府が、中国語教育と中国文化の普及を目指して世界各国の大学等と提携し設立している学校です。日本では現在、立命館大学、桜美林大学、北陸大学、愛知大学との間に設立されており、北海道においては、本学との提携により、国内5番目の孔子学院として、平成19年4月の開校を目指しています。 調印には中国駐日大使館教育処 李東翔公使参事官、中国駐札幌総領事館 斉江総領事らが訪れ、李東翔公使参事官と本学堀達也理事長が意向書に調印を行いました。 札幌大学孔子学院では、一般向けの中国語講座や道内企業の中国語研修の実施、日中文化交流など、中国に関する教育研究の中心的役割を担うべく内容を検討しています。 (写真:左から斉江総領事、李東翔公使参事官、堀達也理事長、宮腰昭男学長)

「札幌大学孔子学院」の設立を目指し、意向書に調印

page top