HOME > 最新情報 > SU News > 2007年 > 『クオリティ』2007年3月号に掲載された本学の資産運用にかかわる記事について

SU News

2007.02.16

『クオリティ』2007年3月号に掲載された本学の資産運用にかかわる記事について

同記事によれば、本学の資産運用は理事長に一任されていると書かれておりますが、それは全く事実ではありません。

低金利下において本学はリスクを回避して資産を保全してきましたが、学生納付金の負担を抑えて大学経営の安定化を計るために、平成17年度から資産運用管理委員会を設置し、その規程にもとづき資産運用を始めました。

平成17年度の資産運用支出は約80億円で、リスクの低い商品を組み合わせております。同記事によれば「その他固定資産」88億円をすべて資産運用したように書かれておりますが、これも事実ではありません。

さらに、取引金融機関から本学理事長があたかも供応を受けたように書かれておりますが、そのようなことは全くの事実無根であり、まことに遺憾としなければなりません。

なお、本学に隣接する北海道銀行研修センター用地につきましては、学生用の第5駐車場として借用していましたが、借地料にかかる負担を軽減し、将来のキャンパス計画に組み入れるため購入しました。非課税証明が発行され次第速やかに登記手続きを行います。

平成19年2月16日
学校法人 札幌大学

page top