HOME > 最新情報 > SU News > 2008年 > 学生有志が、中国・四川大地震の支援募金を駐札幌総領事館に寄付しました

SU News

2008.06.02

学生有志が、中国・四川大地震の支援募金を駐札幌総領事館に寄付しました

5月12日に発生した中国・四川大地震の被災者の方々を支援しようと、外国人留学生、札幌大学学生自治会役員および札幌大学文化連合会所属サークル「ユニセフネットワーク」の部員が中心となり、5月16日(金)から22日(木)にかけて、キャンパス内において義援金募集活動を行いました。期間中は多くの学生の関心を呼び、合計で475,220円の義援金が集まりました。 これを受け、5月30日(金)、駐札幌総領事館を訪れ、集まった義援金を寄付しました。中国からの留学生で経営学部3年の文琴さんと学生自治会役員で法学部2年の中村明孝さんが代表となり、「被災者の方々の支援に役立ててください」と胡勝才総領事に義援金を手渡しました。

  • 学生有志が、中国・四川大地震の支援募金を駐札幌総領事館に寄付しました

    胡勝才総領事に義援金を渡す文さんと中村さん

  • 学生有志が、中国・四川大地震の支援募金を駐札幌総領事館に寄付しました

    左から文琴さん、胡勝才総領事、中村明孝さん

page top