HOME > 最新情報 > SU News > 2008年 > 札幌丘珠高校の生徒が札幌大学でロシア文化を学びました

SU News

2008.06.17

札幌丘珠高校の生徒が札幌大学でロシア文化を学びました

6月16日(月)、札幌大学と高等学校との高大連携の一環として、北海道札幌丘珠高等学校国際文化コースの2年生を対象にロシア文化を学ぶ授業を行いました。 この授業は、北海道札幌丘珠高等学校国際文化コースの生徒が、3年次に「ロシア語」「韓国語」「中国語」から1科目を選択履修する際の導入教育の一助として実施したもので、当日は28人の生徒が参加しました。 授業は、外国語学部ロシア語学科の山田隆教授(ロシア語学)が講師を務め、ロシアを知る手がかりとして、ロシアの総人口や通貨、現在の大統領の名前などから始まり、宗教や芸術、文学や音楽、料理や民族衣装などをスクリーンを使いながらクイズ形式で紹介しました。また北方領土が日本に返還されない政治的な理由など、現在のロシア国内事情にも触れました。参加した生徒も手を上げて質問するなど、活発な授業が行われました。 今後は、6月23日(月)に韓国、7月7日(月)に中国に関する授業を行う予定となっています。

  • 札幌丘珠高校の生徒が札幌大学でロシア文化を学びました

    笑顔で授業を行う山田隆教授

  • 札幌丘珠高校の生徒が札幌大学でロシア文化を学びました

    授業の様子

page top