HOME > 最新情報 > SU News > 2008年 > 北海道の大学連携によるEラーニング教育の普及と教育改善をテーマにシンポジウムを開催

SU News

2008.07.28

北海道の大学連携によるEラーニング教育の普及と教育改善をテーマにシンポジウムを開催

9月8日(月)・9日(火)の2日間、札幌大学を会場に、NPO法人CCC-TIES主催、札幌大学および札幌学院大学共催により、北海道の大学連携によるEラーニング教育の普及と教育改善をテーマとしたシンポジウムが開催されます。タイトルは「NPO法人CCC-TIES 2008夏のシンポジウム in 北海道」で、帝塚山大学が開発したEラーニングシステム「TIES」を活用した教育を研究します。
内外の教育関係者、教育機関、関連する企業・行政関係者の方を対象とし、定員30人程度により実施します。北海道でTIESを用いた教育を行っている教員らの事例報告や研究報告を行い、道内の教育関係者にTIESを知ってもらうとともに、TIESユーザー間の情報共有・交換を行います。

当日の詳細なプログラムおよび参加申し込みは、こちらをご覧ください。

page top