HOME > 最新情報 > SU News > 2008年 > 「アイヌ文化研究の今 第5回」アイヌのモノと技の世界 開催

SU News

2008.10.11

「アイヌ文化研究の今 第5回」アイヌのモノと技の世界 開催

本研究所は「アイヌ文化研究の今」をテーマに毎年1回、シンポジウムと公開講座を開催してきました。第5回となる今年はシリーズ最終回となり「アイヌのモノと技の世界」をテーマにシンポジウムと公開講座を10月25日(土)・26日(日)に開催します。

また、5年間の総括講座<アイヌ文化研究の今 シリーズを振り返って>「伝承から探るアイヌの社会」を11月2日(日)に開催します。受講料はシンポジウムは無料、公開講座・総括講座は2日分通しで資料代として500円です。事前申し込みは不要ですが、満席になった場合は、事前申込者を優先します。(道民カレッジ連携講座)

【シンポジウム】

日時 平成20年10月25日(土) 第1部13:40~14:50 第2部15:00~17:30
会場 札幌大学 プレアホール(札幌大学2号館3階) (札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
第1部 記念講演「モノと技からの視座-アイヌ文化の位置づけをめぐって」
川田順造氏(神奈川大学日本常民文化研究所客員研究員)
第2部 「伝統技術の断絶と再生-イタオマチプを例にアイヌ工芸の継承を考える」
野本正博氏(アイヌ民族博物館学芸員)
「社会・生態系・技術―丸木舟とアイヌの地域社会」
瀬川拓郎氏(旭川市博物館学芸員)
討論・質疑応答
※終了後、懇親会を開催します。一般参加者500円、札幌大学学生は無料

【公開講座】

日時 平成20年10月26日(日)
会場 札幌大学 2107教室(札幌大学2号館1階) (札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
講座 (1)ドキュメンタリー映画「波の記憶 舟大工 新城康弘の物語」<石垣島>10:00~12:00
参考上映&制作者による解説 床田和隆氏(映像作家、イタオマチプ記録映像の撮影者)
(2)公開講座 13:30~17:30
「舟を綴る-イタオマチプ造船から見るアイヌの漁撈」(記録映像に基づいて)野本正博氏
「社会・生態系・技術―漁法・漁具とアイヌの地域社会」瀬川拓郎氏
まとめ&質疑応答

【総括講座】

日時 平成20年11月2日(日) 13:00~17:30
会場 札幌大学 3001教室(札幌大学3号館地階) (札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1)
講座 「人間の物語(散文説話)の社会的機能」児島恭子氏(早稲田大学講師)
「英雄叙事詩にみられる時間層」中川裕氏(千葉大学教授)
コメント:奥田統己氏(札幌学院大学准教授)
「アイヌ口承文芸と歴史」 討論 児島、中川、奥田、本田(札幌大学教授)

【問合せ・申込み先】

電話/FAX 011-852-9325(本田研究室) E-mail:y_honda@sapporo-u.ac.jp(本田)

後援:(社)北海道ウタリ協会、(財)アイヌ民族博物館、北海道新聞社、(財)アイヌ文化振興・研究推進機構

page top