HOME > 最新情報 > SU News > 2008年 > 第7回『三大学院共同シンポジウム』12月6日(土)開催

SU News

2008.11.22

第7回『三大学院共同シンポジウム』12月6日(土)開催

札幌大学大学院経済学研究科は鹿児島国際大学大学院経済学研究科、沖縄国際大学大学院地域産業研究科と研究交流協定を平成14年に結び、この3校による「三大学院共同シンポジウム」を企画・開催しています。第7回目となる今年度は札幌大学を会場に12月6日(土)に開催します。

このシンポジウムは、経済のグローバル化や国による構造改革の影響を最も受けやすく、首都圏から遠く離れた札幌・鹿児島・沖縄という3地域に立地する各大学院経済研究科が毎年共通したテーマをもとにそれぞれの地域における地域経済の実態について報告し、地域経済を活性化する方向と課題を議論するものです。

今年度のシンポジウムは「地域づくりの実態と課題-地域での取り組み経過をふまえて」を共通テーマとして開催します。

一般の方も参加することができます。事前申し込みは不要で、参加料は無料です。

【第7回『三大学院共同シンポジウム』】

共通テーマ 「地域づくりの実態と課題-地域での取り組み経過をふまえて-」
日時 平成20年12月6日(土) 13時30分~17時30分
13:30~13:50 開会の挨拶 札幌大学学長 宮腰 昭男
はじめに 札幌大学大学院経済学研究科長 桑原 真人
13:50~14:20 「過疎地域における産業クラスター型地域振興策の実態と課題-下川町の事例-」
札幌大学大学院経済学研究科教授 長尾 正克
14:20~14:50 「中心市街地活性化策の実態と問題点-中心商店街活性化との関連で-」
鹿児島国際大学大学院経済学研究科長 衣川 恵
15:00~15:30 「沖縄産マンゴーのブランド力強化と栽培履歴情報の普及条件」
沖縄国際大学大学院地域産業研究科教授 廣瀬 牧人
15:30~16:00 「地場産業の活性化要因-北海道の地場産業を素材として-」
元札幌大学大学院経営学研究科教授 森 杲
16:10~17:30 パネルディスカッション 司会:札幌大学大学院経済学研究科教授 松本 源太郎
17:30 閉会の挨拶 札幌大学経済学部長・札幌大学大学院経済学研究科教授 原田 明信
会場 札幌大学 6号館 6102教室
参加申込み 事前申し込みは不要です。当日会場にお越しください。
問合せ先 学生支援オフィス 経済学部担当 011-852-9121(直通)

page top