HOME > 最新情報 > SU News > 2009年 > 教員免許更新講習を札幌圏の大学で共同実施 札幌圏教職課程コンソーシアム協定に調印しました

SU News

2009.02.26

教員免許更新講習を札幌圏の大学で共同実施 札幌圏教職課程コンソーシアム協定に調印しました

2月25日(水)、札幌大学、札幌学院大学、北星学園大学、酪農学園大学の4大学により締結される札幌圏教職課程コンソーシアム協定の調印式が札幌ガーデンパレスで行われ、宮腰昭男学長が出席して協定に調印しました。

札幌圏教職課程コンソーシアム協定は、平成21年4月1日から小中学校や高等学校の現職教員などを対象に教員免許更新制が実施されること受け、教員免許の更新に必要となる講習を札幌圏の大学で共同して実施するものです。教員免許更新講習の中の必修講習となる「教職についての省察並びに子どもの変化、教育政策の動向及び学校の内外における連携協力についての理解に関する事項」について共同で講習を実施します。教員やノウハウを共有し実施校を輪番で担当し合います。

調印式に出席した宮腰学長は、「社会からの要請に応えていくために、それぞれの大学が個性を発揮しながらも、協力関係を築いていくことは大変有意義なことだと思います。同じ目標を持って教員免許更新講習を共同運営していくこのコンソーシアム協定に参加できてとてもうれしく思います」と挨拶し、同コンソーシアム協定への期待を述べられました。

  • 挨拶を行う宮腰昭男学長挨拶を行う宮腰昭男学長
  • 協定書を持つ参加4大学の学長協定書を持つ参加4大学の学長

page top