HOME > 最新情報 > SU News > 2009年 > 【学生の皆さんへ】新型インフルエンザについて

SU News

2009.04.30

【学生の皆さんへ】新型インフルエンザについて

世界保健機構(WHO)は4月30日朝、新型インフルエンザの警戒レベルを「フェーズ5(ヒトでの大きな集団発生が認められるが、広がりは地域的)」に引き上げました。
日本国内での感染は、現時点で確認されていませんが、国際的には、感染が確認及び疑いのある国・地域は広がりをみせています。
在学生の皆さんは、正しい情報収集・感染防止対策を行い、落ち着いた行動を心がけてください。また、感染が確認及び疑いのある国・地域への渡航は延期し、その他の国・地域に関しても当面の間自粛するようお願いします。
今後も総合学生支援システム「アイトス」や掲示等で新型インフルエンザに関する情報をお知らせします。新型インフルエンザに関する緊急のお知らせは、皆さんの携帯アドレスに配信する場合があります。アイトスに携帯アドレスの登録をお願いします。


平成21年4月30日
札幌大学/札幌大学女子短期大学部
学長 宮腰 昭男

新型インフルエンザに関する情報収集及び感染防止対策

(1)情報収集
新型インフルエンザやその感染防止策に対する、正しい知識を持つため、テレビ、新聞、インターネット等で情報収集を行ってください。できる限りの準備をしておくことが大切です。


<参考ホームページ>

■厚生労働省 新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/
■厚生労働省 個人でできる対策
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/11.html
■国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
■外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/
■札幌市保健所ホームページ
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/


(2)感染防止対策
感染が疑われる人の2m以内に近づかない。
流行地への渡航、人ゴミや繁華街への外出をしない。
ひんぱんに手洗い(石けんを用いて15秒以上)を行い、洗ったあとは、清潔な布、ペーパータオルで水を十分に拭き取る。
帰宅後や不特定多数の人が触れるようなものに触れた後の手洗い・うがいを日常的に行う。
マスクを着用し、鼻と口をカバーする。可能であれば、メガネ等で目も保護する。
むやみに手で目、鼻、口を触らない。
十分に休養をとる。
バランスよく栄養価の高い食品をとる。
十分な水分補給をする。

◎自らの感染が疑われる場合は、外出せず、保健所等に相談するとともに大学へ報告してください。
札幌市 札幌市保健所感染症総合対策課 011-622-5199
  豊平保健センター(健康・子ども課) 011-822-2400
  南保健センター(健康・子ども課) 011-581-5211
札幌大学 学生支援オフィス 011-852-9146
  医務室 011-852-9158


(3)新型インフルエンザ感染が確認されている国・地域

WHOにより感染が確認されている国(4月30日午前9時現在)
メキシコ、アメリカ、カナダ、スペイン、ニュージーランド、イスラエル、イギリス、ドイツ
独自に感染確認を公表している国(4月30日午前9時現在)
オーストリア、コスタリカ
マスコミ等で感染の疑いが報じられている上記以外の国・地域(4月30日午前2時現在)
チリ、コロンビア、ペルー、フランス、デンマーク、スイス、スウェーデン、アイルランド、ノルウエー、オランダ、香港、オーストラリア、シンガポール、中国、タイ、インドネシア、韓国

上記の国・地域への旅行は延期してください。それ以外の国・地域においても自粛をお願いします。

page top