HOME > 最新情報 > SU News > 2009年 > 【教職員・非常勤講師各位】 新型インフルエンザ対策に係る出張等の取り扱いについて(通知)

SU News

2009.05.29

【教職員・非常勤講師各位】 新型インフルエンザ対策に係る出張等の取り扱いについて(通知)

新型インフルエンザ対策に係る出張等の取り扱いについて、政府等の対応などを踏まえ、本日付けで「新型インフルエンザ感染防止対策(重要)」(平成21年5月19日付け)の厳守事項を下記のとおり変更します。
なお、今後とも手洗い・うがい等の感染予防の励行は心掛けてください。
平成21年5月29日
札幌大学/札幌大学女子短期大学部
宮 腰 昭 男

1 厳守事項(国内発生地域、蔓延国等はこちらをご参照ください)

 
(1) 国内発生地域(関西方面)及び感染国への出張・旅行
  関西方面を含め国内で感染が確認された地域及び感染国への出張・旅行等は、現地の感染状況等の最新情報を入手し、十分注意願います。
(2) 蔓延国への出張・旅行
  蔓延国への不要不急の渡航は、自粛願います。現在、出張を計画されているものについては、真にやむを得ない業務か否かを所属長が点検のうえ、学長と協議して判断することとします。
なお、自粛の期限は、当該国の感染終息に関する報道がなされたときとします。
(3) 国内発生地域・蔓延国からの帰札者及び来訪者
  症状がない場合は、出勤・来訪を認めるが、7日間は体温測定を行い、健康観察をしてください。

2 感染予防策

 
(1)手をよく洗い、うがいをする。
(2)咳やくしゃみをするときは口と鼻をマスク若しくは手で覆う。
(3)人ごみを避ける。
(4)体調の悪いときは家で休み、外出しない。
(5)毎年インフルエンザワクチンを接種する。

page top