HOME > 最新情報 > SU News > 2010年 > 井上ひさし先生の訃報に接し、謹んで哀悼の意を表します

SU News

2010.04.12

井上ひさし先生の訃報に接し、謹んで哀悼の意を表します

作家の井上ひさし先生が4月9日ご逝去されました。井上ひさし先生の訃報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
井上ひさし先生は、札幌大学におきまして、平成17年から3年間、本学の公開講座の1つである札幌大学エクセレント講座の中で「井上ひさし作文教室」と講演会を、さらに平成19年度は、札幌大学客員教授として、文化学部科目「アートプロデュース論」をご担当いただきました。
井上先生は、学生や一般の方々に、いつも親しみのこもったやさしさの中に厳しさを含む口調で、日本語の力をつけることの大切さについて語りかけておられました。
また、作文教室では参加者の作品一つ一つに丁寧な講評を徹夜で書き入れていただき、会場は感激のうねりで満たされました。
あの当時の様子が今でも昨日の出来事のように思い出され、惜別の念を禁じえません。
謹んで井上ひさし先生のご冥福をお祈り申し上げます。

【平成19年度 札幌大学エクセレント講座「井上ひさし作文教室」の様子】

ggg1

page top