HOME > 最新情報 > SU News > 2011年 > 震災への持続的募金プロジェクト「リムデイ.11」

SU News

2011.04.04

震災への持続的募金プロジェクト「リムデイ.11」

札幌大学では、毎月11日に、被災地へ募金を送り続けるという持続的募金プロジェクトを創始しました。

その名は「リムデイ.11」。
コンセプトは、復興は決して不可能ではない。私たちは自分のできるところから確実に募金を継続し、被災者の方々を支え続けるというものです。
※リムとは無理を逆さまにした造語で、「復興は無理ではない」、「支え続けるのは無理ではない」という意味

活動として、本日より学生食堂での「リムデイランチ」、「リムメニュー」が始まりました。
「リムデイランチ」は、材料費100円程度のランチを400円で販売し、差額を募金に回すというもので、「リムメニュー」は、いつもの料金で、量をいつもより少なめにすることで、その差額を募金に回すというものです。
なお、本日のリムメニューは、リムどん(牛丼)で通常400円の牛丼を量を少なめにし、50円募金できるというものでした。 

 

また、「リムデイランチ」を皮切りに本学学生と保護者を対象にした「リム・ファミリー」の募集も開始しました。
募集内容は以下の活動へのご家族でのご協力です。(両方協力可)

・「月いちリムデイ」・・・月に一度夕食をおにぎりとみそ汁といった粗食にし、使うはずだった一食分の食費を募金にあてる 
・「毎日リムデイ」・・・毎日50円ずつ節約し、月に1,500円の募金をする


なお、「月いちリムデイ」にご協力してくださるご家庭から、「リムデイ.11」に賛同してくださっているSTVテレビの番組「どさんこワイド」で、「月いちリムデイ」を実施した日のご家族の夕食の様子が放映される予定です。 

これから、「リムデイ.11」をベースに札幌大学は、様々な震災支援の方法に取り組んでいく予定です。
なお、詳細については、本学ホームページで随時とりあげていきます。

「リムデイ.11」募金を、震災の復興支援にとどまらず、私たち自身のあり方や現代社会の状況そのものを深く問い直す契機ととらえ、地域の方々や行政機関、企業と協働しつつ発展させてゆくつもりです。

皆様のご協力を心からお願い申し上げます。

リムデイメニュー リムデイ.11の活動を呼びかける学生
<写真左>リムデイランチ・リムどん、<写真右>リムデイ.11の協力を呼びかける学生たち

page top