HOME > 最新情報 > SU News > 2012年 > 平成23年度公開講座「札幌大学時計台フォーラム」を開催しました

SU News

2012.02.28

平成23年度公開講座「札幌大学時計台フォーラム」を開催しました

札幌時計台 時計台フォーラム(本間雅美教授)

 

時計台フォーラム(石井聡准教授) 時計台フォーラム(武者加苗准教授)

札幌大学では、2月21日(火)から23日(木)までの3日間、札幌時計台(札幌市中央区北1西2)において「札幌大学時計台フォーラム」(主催:札幌大学/後援:札幌市教育委員会)を開催しました。今回は「揺れ動く経済情勢と今後の展望~経済ウォッチングnow(なう)」と題し、リーマンショック以後のアメリカ経済の低迷、ギリシャの財政危機に端を発したヨーロッパ経済の混乱、急激な円高の日本企業への影響、未だに先の見えない地域経済の回復など、激動の世界経済から身近な北海道経済まで、幅広い視点で経済に関する講演を行いました。

 

講演会は、多くの市民の皆様の参加を得て、盛況のうちに終えました。

同講演会で寄せられたアンケート調査回答

「全体としてのご意見、ご感想、ご要望があればお聞かせください。」

・  札幌大学では、全道大学の中でも、質の高い内容のある講座を無料で提供していただけることは有難く感謝します。大学としての信頼度もすばらしいと思います。

・  大学の先生がわかりやすく指導していただき感謝しています。

・  時計台フォーラムは市内中心部で交通の便が良く大変有難いと思います。

・  最近の世界情勢、経済状況等、非常に勉強になった。

・  いつも貴校の公開講座には参加しており何度も有難く感謝しております。

※回答文は原文掲載

他にも多くのご意見、ご感想、ご要望をいただきました。

 

今年度の札幌大学公開講座は以上を以て終了となります。申し込み、ご参加いただきましたことを厚く御礼申しあげます。来年度も地域に開かれた大学を目指し、教育研究上の成果を広く地域の方々に還元することを目的に各種公開講座を開設予定です。

皆様のご参加をお待ちしています。

 

関連記事:平成23年度公開講座「札幌大学時計台フォーラム」を開催します

page top