HOME > 最新情報 > SU News > 2013年 > グローバルアクションプログラム(GAP)セミナーが行われました

SU News

2013.12.09

グローバルアクションプログラム(GAP)セミナーが行われました

11月25日(月)、29日(金)の2回に渡り、グローバルアクションプログラム(Global Action Program:GAP)セミナーが行われました。

「グローバルアクションプログラム(GAP)」は、国際交流や異文化体験を通じてグローバル社会に対応できる能力を養うことを目的としたプログラムです。参加学生は、留学を目指した外国語の学習に加えて、国際社会や国際経済への関心を育むグループワークにも取り組んでいます。

 

この度のセミナーでは、株式会社 道銀地域総合研究所からゲストスピーカーをお招きし、GAPに参加する学生を対象に、「北海道におけるグローバル化の視点~本道における比較優位性を考える~」と題し、講演いただきました。 29日(金)には、講演いただいたテーマに沿って学生が、日本の調味料の輸出状況、外国人の観光動向分析と北海道への誘致、アパレル会社のグローバル化などのテーマでプレゼン、同研究所講師からそれに対するコメントとご指導をいただきました。

 

「グローバルアクションプログラム」では、今後もグローバル、ローカル、双方への理解を深める学習活動を展開していきます。

GAP1

GAP2

※講演・プレゼンテーションの様子

 

スケジュールについてはこちら

 

アクションプログラムについてはこちら

page top