HOME > 最新情報 > SU News > 2014年 > 全道ロシア語弁論大会で本学学生が優勝しました!

SU News

2014.12.02

全道ロシア語弁論大会で本学学生が優勝しました!

11月29日(土)に開催された、第46回全道ロシア語弁論大会のAクラス(上級者向け)で、本学の中田彩木さん(外国語学部ロシア語学科4年)が優勝しました。副賞として、ロシア・サハリン州への往復フェリーチケットが贈られました。
中田さんは、病気の予防ではなく、素顔を隠す為にマスクを着用する「伊達マスク」をテーマにスピーチを行いました。
また、同クラスの2位と3位、さらにBクラスでも本学学生や卒業生が入賞するなど、素晴らしい成績をおさめています。
みなさん、おめでとうございます!

 

大会結果、スピーチのテーマは以下のとおりです。

【Aクラス】(上級者向け。スピーチ5分、詩の暗唱、ロシア語による質疑応答)
1位:中田彩木(外国語学部ロシア語学科4年) 「伊達マスク」
2位:勝呂玲央(外国語学部ロシア語学科卒) 「音楽の力」
3位:近藤一朗(地域共創学群ロシア語専攻2年) 「私の信仰」

 

【Bクラス】(初心者向け。スピーチ3分)
サハリン州政府賞:木村ななみ(地域共創学群歴史文化専攻1年) 「私の夢」
ロシア総領事館賞:齊藤 颯(地域共創学群日本語・日本文化専攻1年) 「大きな秘密と大きな夢」

 

このことは、12月1日(月)の北海道新聞朝刊(札幌市内・31ページ)に掲載されています。

page top