HOME > 最新情報 > SU News > 2014年 > 本学の学生グループが「Sport Policy for Japan2014」で特別賞を受賞しました

SU News

2014.12.09

本学の学生グループが「Sport Policy for Japan2014」で特別賞を受賞しました

11月8日(土)、9日(日)に東京都で行われた「Sport Policy for Japan2014」に本学でスポーツマネジメントを学ぶ束原ゼミの学生らが参加し、特別賞を受賞しました。北海道内の大学が賞を受賞するのは、今回が初めてとなります。

 

「Sport Policy for Japan2014」とは、日本のスポーツの現状や将来について、大学生が政策提言する大会で、4回目の開催となる今回は、全国の16大学が参加しました。

 

受賞した学生らは「障害者スポーツの認知度の現状~北海道における障害者スポーツ大会に着目して~」をテーマに、2020年に開催される東京パラリンピックに向け、障害者スポーツの認知度を高めるための政策を発表しました。
本学のサッカー部と道内のブラインドサッカーチームが連携して試合を行うことや、健常者と障害者が一緒に楽しめる新しいスポーツを考案することなどを提案し、現実的でまとまっている点が高く評価されました。

 

このことについて、12月6日(土)の北海道新聞朝刊(札幌市内 31ページ)に掲載されました。

※北海道新聞社許著期間終了につき、記事文章・写真等は削除しました。

page top