HOME > 最新情報 > SU News > 2015年 > 本学学生が「平成26年度青少年体験活動奨励制度表彰式」にて発表を行いました

SU News

2015.03.24

本学学生が「平成26年度青少年体験活動奨励制度表彰式」にて発表を行いました

commendation01.JPG
commendation02.JPG

3月16日(月)に文部科学省にて開催された「平成26年度青少年体験活動奨励制度表彰式」にて、修了生を代表して本学女子サッカー部の三澤絢子さん(経営学部経営学科3年)が活動体験報告のスピーチを行いました。
三澤さんは今回、簿記検定2級の勉強(教養体験)、けが防止のための筋力トレーニング(運動体験)、ジュニアサッカーチームへの指導(ボランティア体験)、スケートリンク作り(自然体験)の4領域の活動に取り組みました。

活動に取り組んだ経緯、4領域の活動の振り返り、活動を終えての成果を約10分の発表にまとめ、緊張感あふれる中、堂々とスピーチしました。中でも自然体験領域で行った「スケートリンク作り」は北海道ならではの冬の厳しさを実感させる印象に残る活動で、他地域の参加者からも注目を集めました。
「これらの活動を通して、継続することの重要性を感じることができた。」と三澤さんは話していました。 全国から、定められた期間の活動を修了した学生約60名が集まり、体験修了の表彰を受けました。本学からも13名の学生が参加し、活動を修了する予定です。

 

page top