HOME > 最新情報 > SU News > 2015年 > 「故郷・樺太を思い出して『オホーツクの灯り 樺太、先祖からの村に生まれて』原画展」を開催します

SU News

2015.06.08

「故郷・樺太を思い出して『オホーツクの灯り 樺太、先祖からの村に生まれて』原画展」を開催します

okhotsk_poster.png

6月13日(土)から、札幌大学埋蔵文化財展示室を会場に、企画展「故郷・樺太を思い出して『オホーツクの灯り 樺太、先祖からの村に生まれて』原画展」を開催します。

この度の企画展では、『オホーツクの灯り 樺太、先祖からの村に生まれて』の筆者・安部洋子氏の、樺太での豊かな暮らしぶりを、安部氏の絵でご覧いただくことが出来ます。

入場無料ですので、ぜひお越しください。

※『オホーツクの灯り 樺太、先祖からの村に生まれて』の筆者・安部洋子氏は、1933(昭和8)年、樺太(サハリン)オホーツク海沿岸の落帆で生まれ、1948(昭和23)年、北海道へ移住するまでの15年間そこで育ちました。かつてアイヌ語でオチョポッカと呼ばれ、言語学者・金田一京助氏がこの地に滞在した際のエピソードが教科書に掲載されたことでも知られる地です。彼女は北海道で理容師の仕事につき、その後関東へ移住し、近年3度の故郷訪問を果たしています。この間に受けた民族差別などの苦労や、さまざまな思い出を自筆の絵と俳句で綴った自伝が今春出版(発行:クルーズ)されました。

 

日時 平成27年6月13日(土)~8月8日(土) 10:00~17:00(日曜・祝日・その他行事日は休室)
会場 札幌大学埋蔵文化財展示室(札幌大学2号館地階2003室)
主催 一般社団法人 札幌大学ウレパクラブ、札幌大学埋蔵文化財展示室
協力 橋田欣典、サハリン・樺太史研究会
問合せ先 札幌大学埋蔵文化財展示室
TEL:011-852-9182 E-mail:su.maibun@gmail.com

関連研究会「サハリン・樺太史研究会 第34回例会・総会」

 

日時 平成27年6月21日(日) 13:00~17:00
会場 札幌大学2号館地階 2006教室
参加費等 無料・申込不要
第1部 13:00~14:45
 「自伝『オホーツクの灯り 樺太、先祖からの村に生まれて』を出版して」
 話し手:安部洋子氏(樺太富内村落帆出身)  聞き手:田村将人(札幌大学)
14:45~15:00
 原画展見学
第2部 15:00~16:30
 「小樽に遺された樺太の記憶・記録~小樽市総合博物館所蔵資料から~」
 菅原慶郎氏(小樽市総合博物館)
主催 サハリン・樺太史研究会
http://sakhalinkarafutohistory.com/home.html

page top