HOME > 最新情報 > SU News > 2016年 > 平成28年度札幌大学総合研究所講演会を開催します

SU News

2016.11.18

平成28年度札幌大学総合研究所講演会を開催します

kouenkai.png

札幌大学総合研究所では、12月7日(水)に平成28年度札幌大学総合研究所講演会を開催します。

講師に公益財団法人日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリーで、2010年・2014年FIFAワールドカップでも審判員を務められた西村雄一氏をお迎えし、「<世界>の縮図としてのフットボール」と題し、ご講演いただきます。

入場無料、事前申し込みは不要ですので、多くの方のご参加をお待ちしております。

なお、本講演会は道民カレッジ連携講座に認定されています(健康・スポーツコース1単位)。道民カレッジを受講されている方は、直接会場でお申し込みください。

日時 12月7日(水) 17時~18時30分
会場 札幌大学プレアホール(2号館3階)
講師 西村 雄一 氏(公益財団法人日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー)
テーマ 「<世界>の縮図としてのフットボール」
講演概要 最もグローバル化した文化としてのフットボールにおいて、ワールドカップで審判を務められるなど、世界のサッカーに触れられてきた経験から、世界レベルのフットボールはもちろんのこと、フットボールを通じて見えてくる<世界>について、独自の視点で語っていただきます。ここでいうところの<世界>は、いわゆる国際試合に出場している国や地域としての世界、それにまつわる世界情勢、代表選手やサポーターが背負っている<国>でもあります。また、唯一選手以外でピッチに立つ審判だからこそ見える世界もあり、こうした多様な世界観を想定しています。
講演からフットボールという窓を通して見えてくる<世界>を共有することで、文化、政治、経済、社会、地域、国際などの理解を深め、広い視野と総合的な思考や意欲を培うきっかけや基盤になると期待しています。
受講料 無料(事前申し込み不要)
問い合わせ 札幌大学総合研究所
TEL:011-852-9150 E-mail:sakaeda@ofc.sapporo-u.ac.jp

※このプレスリリースのダウンロードはこちら↓

平成28年度札幌大学総合研究所講演会(PDF:271KB)

page top